Intellipunk Archive

「じばんぐ零年」トークセッション

押し迫ってまいりました、師走です。
デザイナーは年末進行できつい!
先週はzine『砂漠』Vol.2のデザインやってて、今回も力作!
それは来週には発表します。

で、そんな年末のどんずまりに上演される、intellipunkの盟友にして日本軽佻派を騙る演出家 大岡淳が率いる普通劇場のお芝居を観てきます。おまけに上演後のトークセッションにお呼ばれしちゃった。
ロッセリーニの『ドイツ零年』にオマージュ捧げた「じばんぐ零年」って公演です。

今年を締めくくり2011年を一つの敗戦になぞらえて…まだ敗戦処理中ですが…どんな感じになるんでしょうか。。。
先日稽古を覗いてみて、そうとうカオティックでエモーショナルかつ静謐で、当然ながらシアトリカルでありながら同時代的でリアリティがある。舞台芸術ファンじゃない人にこそ観て欲しい、なにしろ普通劇場だしね。

じばんぐ零年
http://www.zipangu-zero.com/
2011.12.27〜29
お茶の水のフリースペース・カンバス
東京都文京区湯島2-4-8 湯島イガラシマンション地下(サッカー通り沿い)

チケット予約・問い合わせ
メールアドレス yoyaku@ordinary21.com
電話 070-5029-6623
・ご予約のお客様は以下4点をメールでお伝えください。
1.お名前(代表者)
2.ご希望日時
3.券種、枚数
4.ご連絡先
・メールでお申し込みの方は、御予約成立通知のメールが届いた段階で御予約完了とさせて頂きます。
・お申し込みから4日が経過しても返信が無い場合は、お問い合わせください。
・ご予約後のキャンセルや券種、枚数の変更をご希望される場合は、公演日の7日前までに必ずご連絡を下さいますよう、お願いいたします。

日本という国家が滅亡する予兆に満ちた、2011年。かつての敗戦の記憶を織り交ぜながら、後世に語り継がれる 2011年を回顧する、不謹慎なパフォーマンス。年の瀬に、舞台が映し出す現実を直視して、更なる危機が襲いかかる、2012年に備えよう!

今年2011年って個人史的にも最悪な一年だったんで、はやく厄払いしたい気分なんで、この舞台は気分にぴったりタイムリー。色んな意味で終末感ありますし、はやく週末感に戻りたい。

↓これは先日、河合塾コスモで呼んでトークしたときの告知。

3.11以後の文化芸術をテーマにしたトークセッションを開催します。
11月22日13時10分より、私が非常勤講師をつとめている河合塾コスモ東京校で、グラフィック・デザイナーでRLLメンバーのインテリパンク氏をゲストに迎え、美術家の内海信彦先生と大岡による、トークセッションを開催します。題して「3.11の後に芸術を創造することは野蛮である、か?」。3.11後の社会状況の中で、文化芸術が、政治的・社会的活動としてできることは何か。アーティストとして自立するとはどういうことか。9.11反原発デモで逮捕された川邉氏の経験談を交えつつ、とことん語り合ってみたいと思います。塾外の皆さんも、無料でお聞きいただけます。平日昼間ですが、たまたまお時間のある方はぜひお越し下さい。普通劇場『じぱんぐ零年』の予告編も上演します。

こんときは若い聴衆に向けた「もうすぐ資本主義が終わるぜ!」ってな煽り話をしました。美術家の内海先生もやばい問題意識持ってる切れ者でもっとお話聞きたかった、と思ってたら今度もご一緒。

で、こっちが今回のトークセッション概要。自分のトークは28日のソワレですぞ!

さて今回、全部で5ステージ開催するのですが、終演後にトークセッションを開催します(各回40分程度。28日マチネのTAGTASフォーラムのみ90分を予定)。終演後トークセッションにご登場いただく顔ぶれと、テーマが決定しました。

各回とも上演をきっかけとしつつも、うざい演劇論は歌舞伎町ゴールデン街におまかせし、ゲスト各位の人生や仕事や社会認識について、そしてさりゆく2011年について掘り下げる、面白いトークを展開するつもりです。TAGTAS以外のトークは、全て大岡が司会進行を担当します。上演とあわせてお楽しみ下さい。チケットのお申し込み方法など公演の詳細は、『じぱんぐ零年』ウェブサイトをご覧下さい。

『じぱんぐ零年』終演後トークセッション

●12月27日(火)夜
「自分のことでいっぱいいっぱいな男どもについて」
内田聖子(アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長)
小池菜採(アジア太平洋資料センター(PARC)ビデオ制作スタッフ)
高山リサ(NPO法人カタリバ/通訳・コーディネーター)
新自由主義に抵抗し、人と人とが助け合うオルタナティヴな市民社会の創出に尽力する、女傑アクティヴィスト3名を迎え、現場の経験を語っていただきつつ、なんのかんのと言い訳をしながら資本・国家の横暴を看過し(あるいは資本・国家の横暴に加担し)退屈な現状肯定に終始する、いまどきの男どもの不甲斐なさに、活を入れていただきます。

●12月28日(水)昼(終演後16:00よりスタート)
TAGTAS(Trans-Avant-Garde Theater Association)フォーラム

●12月28日(水)夜
「脱力系より無力系で!」
内海信彦(美術家)
intellipunk(カルチャージャマー)
世界中をさすらい、アウシュビッツにこだわり、アクション・ペインティングを探求する内海信彦氏と、革命家や思想家のアイコンをあしらったTシャツを数々制作し、アヴァンギャルドなグラフィックを描き、運動の現場にも出没するRLLのインテリパンク氏を迎え、徹底的に無力であることを直視することで、却って現実を動かす力を持ちうるかもしれない、アートの不可能性/可能性について考えます。

●12月29日(木)昼
「2012年に待ち受けるとんでもないこと」
鳴海康平(第七劇場・演出家)
楢原拓(劇団チャリT企画・演出家・劇作家)
チェーホフ『かもめ』でワールド・ツアーを敢行した第七劇場の鳴海康平氏と、風刺精神に富んだ社会派コメディで人気を博する劇団チャリT企画の楢原拓氏を迎え、演劇人の想像力をフル活用して、過ぎゆく2011年を総括していただくと共に、なにかとんでもないことが起こりそうな気がしないでもない2012年を、極めて無責任に予想していただきます。

●12月29日(木)夜
「がんばるな!日本」
中島浩籌(法政大学・河合塾COSMO講師)
清水唯史(QUATRO GATOS・演出家)
臨床心理の専門家でありながら、安易に「カウンセリング」に頼る風潮に警鐘を鳴らし、「心」を管理・統制する社会機構を批判する中島浩籌氏と、演出家でありながら、「かぶき者」を気取るロマンティシズムを棄却し、社会機構と共犯する演劇の制度性=暴力性を批判し続けてきた清水唯史氏を迎え、「励まし」や「癒し」の空気を充満させる、現在の日本の息苦しさについて考えます。

あと↓これヤバし。

普通劇場『じぱんぐ零年』通信 第3号
昨日、作曲家・作詞家の桜井順先生に、劇作家の佐々木治己氏に同行してもらい、インタビューをおこなってきました。桜井順先生は、『マリリン・モンロー・ノー・リターン』、『バージン・ブルース』、『黒の舟唄』といった、作家・野坂昭如氏の歌の数々を作ってこられた方です。このインタビューは、普通劇場パフォーマンス『じぱんぐ零年』の、当日パンフレットに全文を掲載します。非常に贅沢なおまけであります。それにしても、『じぱんぐ零年』と、桜井順先生と、どういう関係あるのか? これは本番のお楽しみとしておきましょう。
桜井順先生は、単に野坂昭如氏の歌を作ったというだけではなく、野坂昭如を稀代のトリックスターに仕立て上げた、舞台裏に隠れた仕掛け人だったのですね。国民服姿の野坂氏が米俵をかついて、原宿の街を闊歩するハプニングを撮影したポスターは、なぜお蔵入りしてしまったのか? JASRACの資産をかすめとった悪人を成敗すべく結成された、永六輔・野坂昭如・小林亜星による「世直しトリオ」は、いったいどんな戦いを展開したのか? 作家・野坂昭如の原点とは何か? 戦後のテレビ界の生き証人による、諧謔精神あふれる、愉快なエピソードが満載のインタビューです。システムの内側で戦うとはこういうことなのですね。小1時間のインタビューではありましたが、大先達から多くのことを教わった気がいたします。実に知的で、遊び心に富んだジェントルマンでいらっしゃいました。

インタビューは当日パンフに掲載、観劇してゲットしよう。



プロテスト・ソング・クロニクル 反原発から反差別まで

protestsongbook1 protestsongbook2 protestsongbook
デモやらなにやらやっていて、告知をすっかり忘れていてすいません。
この『プロテスト・ソング・クロニクル 反原発から反差別まで』の執筆に参加しました★
鈴木孝弥さんのまえがきの「<3・11>を体験した今こそ味わいたい<闘いの歌>」が熱くてここだけでも読んで欲しい!

多くの人、特に若い世代の読者にとって、<プロテスト・ソング> は <ラブ・ソング> <ノヴェルティ・ソング> のような、観賞用ポピュラー・ソングのいちカテゴリーに過ぎなかったかもしれない。しかし<3.11>以降、この <プロテスト・ソング> という語の語感が、みなさんの中で何かしら変化してはいないだろうか? あの事故以来、新旧の反原発ソングを自宅で、携帯プレーヤーで、デモの現場で、クラブで耳にしたとき、<音楽を楽しむ> という感覚の内部に、過去未体験の、文字通り”リアリティ”を伴う、胸の奥が軋むような共鳴を感じなかっただろうか?心当たりのある人は、そのとき <プロテスト・ソング> が鑑賞の対象物から初めて自分の道具になったのだと思う。共鳴は同感であり、その <プロテスト> はすなわち自分の感情の代弁である。そして、その楽曲は自分の叫びの拡声器である。実際に具体的な抗議アクションを起こせば(それを促すことこそアーティストの作曲意図であるはずだが)、その曲は抗議に集まった市民の旗印にもなる。そしてその場においてのみならず、インターネットを介して敵を狙い撃つ闘いの武器になる。そしてさらなる共鳴を波及させ、賛同者を引き寄せて運動を拡げるツールにもなる。

ホント俺の原稿なんて読まなくていいから、でもすごく興味深いたくさん抵抗の歌が紹介されているのでYouTubeで聴きながら読むとアガリマスよ。
色んな有名な執筆者の読み応えがある記事の中で、ちょっと変なバランスのとれないことを書いてるのが僕です。
書いたのは以下の3曲!

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=yaqQYetCH8U[/youtube]
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=X-MSQQwy-AQ[/youtube]
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=fNUbKdkPQBk[/youtube]

いずれも名曲。
ホントはマニックスの「Nat West–Barclays–Midlands–Lloyds」とプライマルの「Come Together」とローゼスの「Elizabeth My Dear」の政治性について書くつもりだったんだけどな。おかしい。
孤独のダンスの911の話とシップビルディングのサッチャーの話は、プロテスト・ソング本に欠かせないと思ってねー

9月18日放送のTBSラジオ『高橋芳朗HAPPYSAD』で鈴木孝弥さんがこの本の紹介と、いい話してるんで、よかったら聞いてみて!
http://www.tbsradio.jp/happysad/2011/09/-20110918-2.html
ポットキャスト→http://podcast.tbsradio.jp/happysad/files/0918happysad_goodfriends.mp3

孝弥さんがかけた曲
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=7cSAKlu0OlU[/youtube]
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=0WxgeYXCjM8[/youtube]



呪うぜ!

この夏は

海にも行けず

牛乳も飲めず

水道も飲めず

雨にも濡れれず

食べ物は産地を気にし

魚も肉も諦め

外食では被曝を覚悟し

肺一杯に吸い込むこともままならず

びくびくしながら色も臭いもないあの

水蒸気爆発しているあの

憎たらしき放射能を呪う

genpatukuyou アトミックサイトより


この恨み晴らさずに措くべきか


dohyou3 ド評より


恨みま〜す〜♪



関西オルタナティブスペース 大阪

オルタナティブと言い張るつもりはないですが、とっても文化度の高い書店である大阪のスタンダードブックスストアにRLLのTシャツが卸しているので行ってきました。


茶屋町店は、再開発(ジェントリフィケーション)されお洒落になったファッションビルの中にあります。
standardbookstore_2 お洒落に吊られてゆらゆらゆれるRLLのTシャツ。

こちらは大型店舗心斎橋店のRLLコーナー。
standardbookstore_1 一階はカルチャー、地下は生活関係の雑貨も豊富で、カフェもフィフティーズな感じで居心地がいい。ほんと何か欲しくなってしまって長居しちゃいました。

結局買ったのは、何かと噂の大阪発ローカルカルチャーマガジン『IN/SECTS』の3号。特集がクロスカルチャー2011ってことで、オルタナティブスペース巡りしてる自分には超タイムリー。その特集には既に行ってたソーシャルキッチン、それにオカバーの岡さんもやってるトリペルやココルーム向かいのカマン!メディアセンターも載ってる。ってことでそこに掲載されているコーポ北加賀屋に、前日のUNIVERSE EPS.02でフードを出していたyoyoさんが居るってことで向かいます!
coopkitakagaya 以前から注目してたNPO法人記録と表現とメディアのための組織remoもあるし、過去にVACANT × IN/SECTS 共同開催『キタカガヤ・ニュートピア』も開催されていたり。スペースもかっこいい!
その後、天神祭に圧倒されたり。アリサくんたちありがとう!




そして関西で一番素敵だったスペースは、もと12号店のオークラさんの新居かも!
ookurasan 京都の元染め物工場だったところをリノベーション。はるちゃん大きくなってました☆



関西オルタナティブスペース 京都と神戸

先週末にカルチュラル・タイフーンで神戸に行きましたおり、関西のカルチャースポット巡りをば敢行。
大定番のくびくびカフェオカバー(素人の乱京都店)とココルームは今回は行けず。。。
cocokamame あとは葉山でやってたのを見逃したモホリ=ナジ展「視覚の実験室」を京都国立近代美術館で鑑賞したのが蛇足かな。




まず京都のSocail Kitchenに廣瀬純レクチャー「BIGGER THAN LIFE 原発から蜂起へ」を聞きに訪れました!
ManthlySocialKitchen 公民館+台所ってコンセプトで意識高いイベント+健康的で美味しいカフェ。行ってよかった☆


GRLkyotoMag 『GRL KYOTO MAGAZINE』絶賛発売中→http://grlkyotomagazine.tumblr.com/

トークは『思想としての3.11』(河出書房新社)の廣瀬純「原発から蜂起へ」をベースに、本人が解体しながらトーク。簡単に云うと”疲れる”ってことですが、あの本の中で一番アクチュアル!自分の関わった「原発やめろデモ」の実体験とシンクロして面白かったんですよ。ポストフォーディズム/原子力都市/認知資本主義/環境管理(制御)型権力という近代以後のタームに”疲れる”って概念を挿入したことの大きさは計り知れないw
終わってからは洛北さん人文書院さんと憧れの京都人文出版社の方々にもRLLを営業? その晩のゲストハウス川勝邸も紹介してもらって、関西ツアー最高の滑り出し!


翌日は高槻市富田のコモンズカフェへ。ここは障害者自立支援法に基づく「就労継続支援A型」事業としてやっている、働くことのオルタナティブでもあるNPOが運営するお店。金曜夜はコモンズ大学もやっている!太陽も要チェック!!


神戸のカルタイは色々あり文化研究全部いいんですが、特筆すべきはやっぱオルタナティブスペースの釜山市にある自律的代案文化施設「Indie Culture Network AGIT」のパネルあそこに行きたくなる! あとは「移民/労働/貧困 蜂起:感性のイメージ」って酒井隆史さんの話に引きつけられ、ここでもまた「蜂起」話。

typhoonnight 夜のトークではハーポ部長を怒らせてしまったり。


そして会場ほど近い神戸元町の一見お洒落カフェModernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ)へ。ここすごい!!!
Modernark まるでku:nel読んでる自然派志向の女性向けに見えるのに超ハードコア。癒し系の店内の壁には列島原子炉53基の地図がはってあり、入り口には死刑廃止動物実験反対等の署名があり、飲み物の下のコースターは反原発やNOプラスチックのメッセージ入り。祝島の資料も『自然のレッスン』も『地球の上に生きる』も各種自然食も、啓蒙的に置いてある。これは東京のどんなお店でもこんな上手に融合していない。



明日、明後日は第8回馬橋映画祭!

第8回馬橋映画祭開催です。
http://mmf2008.jugem.jp/

珍しくRLL3人も個人名で出品してます。
僕のは全くへたくそ映像ですが、ハーポ部長は創作意欲旺盛で個人以外にCHANOMADでも、名作「茶の間から遠く離れて」続編。
前回の馬橋でRLL3部作を完成させた江畠監督は、原発やめろデモ集成。
他にもたくさんの見所DIY映画が目白押しです!!!




Aグループ  7月30日 (12時〜 17時〜)  7月31日(15時〜)

ハーポ部長 監督「before」
<内容>何でもないようなことが幸せだったと思う。二度と戻らぬ日々の儚さを綴った映像詩。
<解説>ロケ地、和田堀公園のまったり感。映像に触発された音楽。


Bグループ 7月30日 (13時〜 18時〜)  7月31日(16時〜)

CHANOMAD 監督 「茶の間から遠く離れて2 革命の歌心」
<内容>激しい目眩と顔面神経の麻痺のなかで、耳だけは世界とつながっていた。茶の間発病室経由革命行き。
<解説>三人がそれぞれ勝手に切り取った過去をミックスして、未来なき未来に投げつけてやりました。


Cグループ  7月30日 (14時〜 20時〜)  7月31日(17時〜)

江畠香希 監督「原発やめろデモ!Stop Nuclear Power Plants!」
<内容>4月、5月、6月に行われた原発やめろデモ!の詩たち。
<解説>今回はiPhoneで撮影したので画質がとっても綺麗です。

間宮賢 監督 「A Day in the life」
<内容>この星の、いつか、どこか、誰かと、僕は車を洗う。
<解説>漫然とお楽しみください。



Dグループ  7月30日 (15時〜)  7月31日(12時〜 18時〜)
川邉雄 監督 「北中大学 宮武外骨と高円寺散歩ツアー」
<内容>山下陽光先生の外骨高円寺話
<解説>アーチスト 山下陽光が宮武外骨にせまる!!!



武蔵小山AM-A-LAB と 吉祥寺BASARA BOOKS

武蔵小山のAM-A-LAB と 吉祥寺のBASARA BOOKSにそれぞれお店に合ったTシャツを卸させていただいてます。かっこよくいうとディストリビュート(?)




AM-A-LABは武蔵小山にあるジャークチキン屋さん。ジャマイカン・ソウル・フードのお店に、RLLはジャマイカ移民のUKカリビアンであるリントン・クウェシ・ジョンソンのTシャツ(RLL13 LKJ)をチョイス。店内はいつも素敵なベース音楽が流れ、ジャマイカ産のレッドストライプビールによく合うスパイシーで美味い料理に舌鼓を打てます。週末だけのレアな営業なので注意!アマラブックスのナイスな蔵書でついつい長居してしまうかも。

amalabo1
amalabo2
AM-A-LABウェブのグッズコーナーに掲載してもらっています

amalabo3
これがビールにぴったりのスパイシーチキン!

AM-A-LAB
住所:東京都品川区小山3−24−14
TEL:03−3787−3606
営業時間:ほぼ毎週土日 11:00〜20:00
ウェブ:http://am-a-lab.jimdo.com/
食べログ:http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13115641/
Twitter:am_a_lab






BASARA BOOKSは吉祥寺の井の頭出口にあるオールド・セレクト・ブックショップ。若者サブカルチャーの街吉祥寺にぴったしな気の利いたセレクト。普通の古書だけではなくマンガや雑誌や、zineやCD、Tシャツにアダルトグッズまで揃えた、近所に一番欲しい本屋さん。そこに昨年RLL49 ニーチェを卸していたんですが、今年はRLL54 BLACK MACHINE MUSICを投入しました。吉祥寺で遊ぶ音楽が好きな若い人も、野田努の名著ブラックマシンミュージックを読んでいて、このTシャツに反応してくれたら最高なんだな。

BASARA1
BASARA2 うしじまいいにくの下にブラック・マシン・ミュージックがある風景

BASARA3 RLLクルーの気になる人文棚もなかなかの並び


BASARA BOOKS
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1−5−13
TEL:0422−47−3764
営業時間:月曜定休(月曜日が祝日の際は、翌火曜休)13:00〜23:30 
ウェブ:http://basarabook.blog.shinobi.jp/
Twitter:basarabooks



BiblioMania

BiblioMania
このハンコつくろうか



報告遅れましたが、以下の企画に参加させていただきました。
2011 Korea & Japan Design Activity

611 T-SHIRTS Project
6月11日、脱原発グローバル100万人運動!
日本のデザイナーは韓国語で。韓国のデザイナーは日本語で。
Tシャツをデザインしましょう。



Korea&JapanDesignActivity
「오 핵을넘어선 장미군여..작품이 좋습니다」「방사능으로 두상이 두개인 돌연변이 소가..ㅜㅜ 정말」とコメントもらってしまって、コミュニケーションできてうれしいですね。



生きていれば祭~脳入苦吸~

まぢすかっ?てなヤバ目な面子の集うイベントになりそうでやんすね。
祭っすよ。生命の祭典。自分の祭は自分でやるしかない!
前日金曜のなんとかバーはペペインテリの美食倶楽部、前夜祭にどうぞ。



ikiteireba
生きていれば祭
~脳入苦吸~


2011.07.02(sat)
@落合SOUP(03-6909-3000)
http://ochiaisoup.web.fc2.com/

Address:
東京都新宿区上落合3-9-10 三笠ビル地下1階

Access:
JR総武線東中野駅 徒歩5分
東京メトロ東西線落合駅 徒歩1分
都営大江戸線中井駅 徒歩5分
西武新宿線中井駅 徒歩10分

Open18:00/Start19:00~
Entrance Fee:1000yen+1drink order
※軽食あり

LIVE:
つちっくれ
KORA KORA
Redbandana Lab.
ゲロクソ(GuelhuCthu)
元気いいぞう

DJ:
MIX NOIZ(FZRK&MAYDAY11FREEDOM AND LIVES)
MAKOSSA(Kilimanjaro)
HUMAN ERORR WORK$


文無し、職無し、放射能有り

どうする、生命
生きさせろ!

命、燃・や・せ!
魂、燃・や・せ!
扉をひ・ら・け!

生きていれば祭★



12号店でのイベントのお知らせです。

・会場
素人の乱12号店 JR中央線高円寺駅下車徒歩7分
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋
(北中通り沿い素人の乱シランプリ向かい。アヤマ接骨院脇の階段を昇って奥)


■イベントその1
5月14日(土)はFMRL主催
『放射能は恐くない? アトミック・カフェを語る夕べ』
http://bit.ly/iRunsV

マイケル・ムーアにも影響を与えたアーカイヴ・ドキュメンタリー。核兵器開発競争を繰り広げていた冷戦時代のアメリカのニュースフィルムやプロパガンダ映画をつなぎ合わせ、大衆操作の実態をブラックユーモアたっぷりに描き出したコミカル・ホラー。いま語るべき問題作!

5月14日(土)@素人の乱12号店
開場19時
参考上映19時半
入場無料 要ワンドリンク
トーク 鶴見済(フリーライター)

atomiccafe

■イベントその2
5月22日(日)は、FMRLにも参加している江畠香希さん制作のドキュメンタリー映画上映会があります!
『女として生きる』
自主上映会第一回
@素人の乱12号店
http://bit.ly/k9SiTC

メディアが報道しないジェンダー事情を当事者が伝えるドキュメンタリー映画
既存メディアのステレオタイプ化されたセクシャルマイノリティのイメージ像、「女装」「ニューハーフ」「GID」「トランスジェンダー」…それは彼ら/彼女らの社会的な性、ジェンダー、アイデンティティ、当事者意識を剥奪してきた。このドキュメンタリーでは「トランスジェンダー」に焦点を当て、当事者である監督自身が、彼ら/彼女らの実生活と声、そのイメージの細分化を通して、視聴者に多様な性のあり方を問いかける。

昼の部 開場13:30 上映14:00
夜の部 開場18:30 上映19:00
上映時間100分+監督トーク
料金=1000円+要ワンドリンク

onnatoshiteikirufyi

それぞれとても面白いドキュメンタリー映画です。
上映後のトークもあります。
是非、ご来場ください!



Search
Follow us
CJharpo Movie


  • 2010.2.27 反新宿署!高円寺路上大パーティざまあみろデモ 【予告編】


  • 覚せい剤撲滅プロパガンダ 東映編


  • 2006/9/16 家賃をタダにしろ!中野→高円寺一揆!予告編


  • 家賃廃止要求デモ!

Favorite
LOADING...