Intellipunk Archive

都市論の現在形のために ― 戦術、築層、メトロポリス ―

8:26clr‰ü
高祖岩三郎さん+co-op/tってことは、『死にゆく都市、回帰する巷』(以文社)の組み合わせ。
中身は高祖岩さんでカバーグラフィックはco-op/t。
そして装丁はintellipunk(RLL)に写真はユウジ・アゲマツさんなんだな。
kaikisuruchimata http://www.rll.jp/hood/text/intellipunk/20100913122909.php


「都市論の現在形のために ― 戦術、築層、メトロポリス ―」
http://cp.rikkyo.ac.jp/news/news_fc_2.php?id=130
 いまだ記憶に新しいウォール街占拠に見られるように、“occupation(占拠)”は、今日の社会運動の中心的な戦術となっている。この“occupation(占拠)”を都市空間論的に捉え返し、都市における集合的表象と集合的身体の今日的な結合を分析している翻訳家・批評家の高祖岩三郎氏と、2名の若手建築家からなるユニット「co-op/t」、いずれもニューヨーク在住の3名をお招きして講演いただく。

【日時】 2012年8月26日(日)14:00~17:00
【場所】 新座キャンパス6号館 N636教室(ロフト2)
【講師】 高祖岩三郎氏(1955年生まれ、ニューヨーク在住)
     ラミア・ベンスーダ氏(モロッコ生まれ、ニューヨーク在住)
     エッサン・バンダイ氏(イラン生まれ、ニューヨーク在住)

内容 《プログラム概要》
14:00~15:30 講師3名によるプレゼンテーションおよびレクチャー
15:30~17:00 質疑応答および討論

【対象】 学生、教職員、一般 (申込み不要、入場無料)
【担当者】 田崎英明(司会、現代心理学部映像身体学科教授)
【問合わせ先】 現代心理学部事務室 TEL:048-471-7149


講師
高祖岩三郎氏(翻訳家・批評家)
1955年生まれ、ニューヨーク在住。1982年ニューヨーク大学芸術学部修士課程修了。柄谷行人氏の著書の英訳などの他に『ニューヨーク列伝―闘う世界民衆の都市空間』(青土社・2006)、『流体都市を構築せよ!―世界民衆都市ニューヨークの形成』(青土社・2007)など著書多数。
co-op/t(ラミア・ベンスーダ氏、エッサン・バンダイ氏)
ニューヨーク在住の2名の建築家からなるユニットで、建築家としてのキャリアの傍らGlobal Justice運動などに実践的、理論的に関与してきた。



大阪での講演はこちら:
http://urbanculture-osaka.tumblr.com/



カルチュラル・タイフーン+広島文化台風

今週末14日15日は、今年もやってきました文化研究の祭典カルチュラル・タイフーン!

RLLは、ある意味でカルチュラル・スタディーズから生まれた活動ともいえます。文化研究と文化実践の混じり合うなんだかよくわからない僕ら活動は、このカルチュラル・スタディーズの呪われた部分を表象するプロジェクトなのだと我々のIndependent Cultural Jammers(アカデミズムから独立した文化的攪乱者)という肩書きは物語ります。2006年下北沢で上野俊哉さんのセレクトでパネル「文化研究/文化政治の呪われた部分;エクスプレスウェイ(自動車専用道路)に抗して、表現的アクションのために」で発表して以来(かの肩書きは、そんとき付けられた!)、カルチュラル・スタディーズの外延を走り続け、研究からの逃走をしてきた幾数年ですわ。先端や前衛や切っ先に居るという自覚はないですが、退屈な研究をすればするほど文化そのものから乖離し、また参与観察を追求すればするほど学問ではなくなるという、カルチュラル・スタディーズの本質的な問題に、非研究者として文化研究のアカデミシャンに突っ込みを入れてきたつもりです(控えめに云ってそれは、09年の毛利嘉孝『ストリートの思想』、12年の五野井郁夫『「デモ」とは何か』で傍証されてはいないでしょうか?)。そしてその返報として研究者各位から911の僕への保釈金(求対カンパ)が奮発されたという理解であってますか? そういや09年のカルタイ打ち上げでホストみたいな五野井さんにはじめて逢って変な人だなーと注目し、昨年の神戸カルタイでウェルカムパーティーをRLL+横山純+五野井郁夫+鈴木慎一郎でやって、今年の状況にぴったしなデモの本で大活躍されているのが何かひとつの節目のような気もしてきますが、よく考えると彼は国際政治学者であって呪わしき文化研究者ではない! カルチュラル・タイフーンの10年の積み重ねの中から大きな成果が生まれると思ってはいますが、まだ著作として若手が台頭してきてはいないのかな?(カルタイ主催でも尽力されている田中東子さんの初単著『メディア文化とジェンダーの政治学―第三波フェミニズムの視点から』楽しみです!)期待してるぜ若手の文化好きアカデミシャンたち!



さて今年は、東琢磨フードジョッキー(食いしん坊万歳)とひろしま女性学研究所&シャリバリ(ダダオのグラフィティがやばい同じビル)が全面プロデュース?かどうかよくわかりませんが広島開催です! 昨年の311直後に山下陽光くんと広島に逃げた思い出の地ですね。RLLは外大・駒大・神戸・広島と4年連続の行商になります(仙台メディアテークにも行きゃよかった…)。会場は広島女学院大学ってじょしだい!
RLLは盟友山下陽光の「アトム書房」と同室505教室を高円寺部屋として居心地のいい空間を作る予定。いま必至でRLL広島カルタイzine作ってます。あと江畠香希監督作品「RLL MEGAPHONE PROJECT」「RLL 間宮の古本ハスリング!」「RLL ハーポのちまなこ接待」のRLL三部作もパソコンモニターで上映予定。
陽光くんのアトム書房はホントにヤバ面白いので、文化研究者も絶対に必見(ここでちらりとまとめられているが、研究はもっと進んでいる!)。ダダオ+高円寺組も遠征してくるし相当楽しみです。
そんで、江畠監督の映画『カレが捕まっちゃった』 ‘My Boyfriend was Arrested!’ も14日10時、15日13:30に人文館303号教室上映予定。高円寺部屋でトークもやります。
同じブース枠に『カレが捕まっちゃった』を福岡で上映していただいたSHE SAYS distroさんや「!」という謎ブースもあり、西の文化人と交流も出来そうです。


カルチュラル・タイフーン+広島文化台風
http://cultural-typhoon.com/2012/
karutai2012
マジヤバな発表を軽く紹介↓
http://cultural-typhoon.com/2012/panel.html
Main Panel
軍都広島からチョッケツ東アジア
7月14日 (土) 15:30-17:00 401
パネリスト2 行友太郎 (シャリバリ地下大学)
応答歌 富田克也(空族) 相澤虎之助(空族) 権鉉基 Kwon Hyon Gi


Panel Session
6.【音楽と/のアクティビズム】Music of/and Activism
7月14日 (土) 15:30-17:00 402
Panelist 1 大野光明 「沖縄闘争」における「文化」の位置――竹中労の島唄論再考
Panelist 2 五野井郁夫 社会運動のサウンドトラックとは何か?:出発のリトルネロをめぐって
Chair 酒井隆史


↑これマルかぶりどうするよ…

↓オーガナイザー力が発揮されている、この雑多な感じがたまらん。

Group Works
原発避難者による広島
7月14日(土)13:30-15:00
Organiser 行友太郎 シャリバリ地下大学
Panelist 1 神原将 ライター、「原発引っ越し」著者 呉在住
Panelist 2 羽鳥智裕 前衛華道家、豊平在住
Panelist 3 大杉聖児 quizkid ベーシスト、福岡在住
Panelist 4 小柳津まさこ SHE SAYS distro、福岡在住
Panelist 5 崔真碩 広島大学教員、東広島市で学校給食の放射能汚染問題に取り組んでいる
Panelist 6 山戸明子 祝島出身

原子力事故後を考える ― 計測運動、フェミニズム、テクノロジー
7月14日(土)15:30-17:00
Organiser 松本麻里 No nukes more feminism network
Panelist 1 水島希 東京大学 情報学環
Panelist 2 森元斎 日本学術振興会
Panelist 3 矢部史郎 未来につなげる東海ネット市民測定所

パイレーツ・ダイアローグ4:テクノ海賊、あるいは海賊のテクノロジーについて
7月14日(土)15:30-17:00
Organiser 小笠原博毅 神戸大学大学院国際文化学研究科
Panelist 1 塚原東吾 神戸大学大学院国際文化学研究科
Panelist 2 太田淳 広島大学大学院文学研究科
Panelist 3 栢木清吾 神戸大学大学院総合人間科学研究科博士課程

空族と魯迅
7月15日(日)13:30-15:00
Organiser 行友太郎 シャリバリ地下大学中国文芸研究会
発言  中国文芸研究会 シャリバリ地下大学
応答 富田克也 空族 相澤虎之助 空族
議論 会場全員


karuta_i2012
あ、最後に『年鑑カルチュラル・スタディーズ』のフライヤー作りました。当日主催者が配る予定です。
ARCS1 ARCS2



あつくなってきて立ち上がろうとおもう

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=NWci9iZNv-4[/youtube]

Get Up Stand Up- Bob Marley
Lyrics:

Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: dont give up the fight!

Preacherman, dont tell me,
Heaven is under the earth.
I know you dont know
What life is really worth.
Its not all that glitters is gold;
alf the story has never been told:
So now you see the light, eh!
Stand up for your rights. come on!

Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: dont give up the fight!
Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: dont give up the fight!

Most people think,
Great God will come from the skies,
Take away everything
And make everybody feel high.
But if you know what life is worth,
You will look for yours on earth:
And now you see the light,
You stand up for your rights. jah!

Get up, stand up! (jah, jah!)
Stand up for your rights! (oh-hoo!)
Get up, stand up! (get up, stand up!)
Dont give up the fight! (life is your right!)
Get up, stand up! (so we cant give up the fight!)
Stand up for your rights! (lord, lord!)
Get up, stand up! (keep on struggling on!)
Dont give up the fight! (yeah!)

We sick an tired of-a your ism-skism game -
Dyin n goin to heaven in-a jesus name, lord.
We know when we understand:
Almighty God is a living man.
You can fool some people sometimes,
But you cant fool all the people all the time.
So now we see the light (what you gonna do? ),
We gonna stand up for our rights! (yeah, yeah, yeah!)

So you better:
Get up, stand up! (in the morning! git it up!)
Stand up for your rights! (stand up for our rights!)
Get up, stand up!
Dont give up the fight! (dont give it up, dont give it up!)
Get up, stand up! (get up, stand up!)
Stand up for your rights! (get up, stand up!)
Get up, stand up! ( … )
Dont give up the fight! (get up, stand up!)
Get up, stand up! ( … )
Stand up for your rights!
Get up, stand up!
Dont give up the fight!


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Jun 29, 2012 4:58 pm

おお、なんたるサイケデリア。

敬愛している某哲学研究者の方の勉強会で配られたテクストの断片。ドゥルーズ『意味の倫理学』「第22セリー磁器と火山」における、こんな私訳を読んだ切っ掛けに、いろいろとわかることが多かった。


Gilles Deleuze, Logique du sens (1969, p.189)

on ne peut pas renoncer à l’espoir que les effets de la drogue on de l’alcool(leur « révélation ») pourront être revécues et récupérés pour eux-mêmes à la surface du monde, indépendamment de l’usage des substances, si les techniques d’aliénation sociale qui déterminent celui-ci sont retournées en moyens d’exploration révolutionnaires. Burroughs écrit sur ce point d’étranges pages qui témoignent de cette recherche de la grande Santé, notre manière à nous d’être pieux : «Songez que tout ce que l’on peut atteindre par des voies chimiques est accessible par d’autres chemins…» Mitraillage de la surface pour transmuer le poignardement des corps, ô psychédélie.

〔ドラッグやアルコールのもたらす結果あるいは効果(それらによる「天啓」)をそれとして、世界の表面で、薬物の使用から独立したかたちで生き直す、取り戻すことができるはずだ。もし、薬物使用を産み出している社会的疎外の技術を革命的探索手段に転じることができるのであれば。そんな希望を捨てることが我々にはできない。バロウズはこの点について奇怪な文章を書いており、それは「大きい健康」のこうした探求、我々なりに敬虔であるための我々固有の方法を語るものとなっている。「化学的な方途で到達できるものはすべて、他の道からも接近可能である……。」身体における短刀による刺傷を、表面における機銃掃射へと突然変異させること。おお、なんたるサイケデリア。〕

Logique_du_sens

そもそもRLLは「サイケデリクス」と「革命」を同一の思想として読み替えるというミッションでもありまして、「意識変容」と「社会変革」を切り結ぶ「ありえない景色」のための思考実験だったりするのです。(たとえば時代的感性なり社会一般常識なり云われる集団精神状態こそが、意識変容の流行とも言い換えられる。ファシズムの熱狂やネオリベの鬱屈はバッドトリップそのままじゃないか?)その意味においてこの『意味の倫理学』の引用部分は、ドゥルーズが自分達を代弁をしてくれているとしか思えない一節です(おまけにバロウズまで援用してくれて!)。
しかし僕はこの部分を、このときまですっかり読み落としていました。そしてハッとしました、そんな意味だったなんて! これが名訳だったからすんなり分かったとも言えるでしょう。

サイケデリクスは、スピリチャルやニューサイエンスと何故か親和性が高く、現代思想とは遠いと思われがちですが、僕にとってはオルタードステイツは、言語論的展開を綴るポスト構造主義を内的体験として反芻することに他ならないわけです。実際の世界把握は言語を通してしか行われないという構造主義/ポスト構造主義の大前提は、バロウズが語った「言語は外部空間から飛来したウィルスである」というのと同意味であります。ラカン派精神分析の基本である「現実界・象徴界・想像界」三象限の説明では、我々は象徴界(言語)を媒介(梯子)にしてしか現実界(世界)を認識できないという。しかし希代の哲学者ドゥルーズはそこから漏れる逃走線、そしてある種の革命に、言語化以前の出来事と出会う希望を見いだしていた。
余談ですがラカン派は68年五月革命の折、その出来事に反動的に接し、D&Gはそこで出会うわけです。その反動こそがガタリをポストラカン主義者としてのアクティビストへ生成変化した切っ掛けともいえるでしょう。まさに世界の表面でガタリは生き直し取り戻すしたことでしょう、これこそ”かくめい”の効用/昂揚です。そうして付け加えるのならば、サマー・オブ・ラブもその意味で非常にD&G的な出来事であった! 二度目には言葉になってしまうことも、はじめての出来事は「ありえない景色」であり「天啓」です。またサイケデリクスは化学的にそれまでの言語の梯子を外します。ドゥルーズが執拗に英米文学を引くのも(ルイス・キャロル!)、ひとつにはサイケデリクス文学の系譜的な歴史があるからだと、思わざる得ません(実際には『フレンチ・セオリー』の「カウンター・カルチャー——フレンチ・セオリーとの失敗した出会い?」で書かれている通りだとしても)。
サイケデリアから現代思想、もしくは現代思想からサイケデリアへ、それ自体が革命になりえます。



酔っぱらいで、まったく語学もダメで哲学だって怪しいところですが、翻訳によってこんなにも、この「社会的疎外の技術」と「革命的探索手段」の関係が変わってしまうのか、下記の部分も読んでみるとわかります。


koizumi

G.ドゥルーズ『意味の倫理学』小泉義之(2007,上巻p280)

こんな希望を放棄することはできない。すなわち、ドラッグやアルコールの使用を決定している社会的疎外の技術を探検の革命的手段に転ずるなら、ドラッグやアルコールの効果(その「啓示」)を、物質の使用とは独立に、世界の表面で、そのまま再び生きて取り戻すことができるという希望を放棄することはできない。バロウズは、この点について異様な文章を書いているが、それは、〈大いなる健康〉の探求、われわれなりの敬虔のあり方を証している。「化学の道を通って到達できるものはすべて、別の道を通っても接近可能であると思い付け……」。身体の刺し傷を突然変異させるための表面への機銃掃射、おお、サイケデリア。


unami

ジル・ドゥルーズ『意味の倫理学』岡田弘/宇波彰(1987,p203)

薬もしくはアルコールの効果(それらの《啓示》)は、それらの物質の使用とは無関係に、世界の表層において、それ自体でふたたび体験され、回復されるだろうという希望を捨てることはできない。ただしその希望には、それらの物質を規定する社会的疎外の技術が、革命的探求の手段に向けられるという条件がある。バローズはこの問題について異様な文章を書いているが、それは大きな健康についてのこの探求、敬虔になるためのわれわれの方法を示している。《化学的方法で達成できることは、すべてほかの方法でも達成できるのだということを考えてみよ。……》身体を短刀で刺す代わりに、表層を機銃掃射する、おお、何という精神の快楽。



生活にリアルな政治が足りねんじゃね?

一揆の仕方を忘れたのか?

fuji3taro1 直接行動(NOT RIOT)って選択

fuji3taro2 示威行動だって日常だったはず


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Mar 16, 2012 1:33 pm

USTREAMを観よう

明日だよ。
日本海賊放送311直前特別番組 「映像/アクティヴィズム/311」
http://www.ustream.tv/channel/piratebroadcasting
日時:2012年3月8日(木)19:00-21:00
放送:日本海賊放送チャンネル
※21:00より 引き続き「3.11東京大行進」特別番組放送予定
首都圏反原発連チャンネル
3月11日の東日本大震災とそれに続く福島原発事故、そしてその後日本中に広がった反原発運動や被災地支援運動において、映像メディアが果たした役割は大きい。特にこの数年のうちに一般化したUstreamに代表されるインターネットのストリーミング中継やYouTubeなどのソーシャルメディアは、これまでマスメディアが伝えることのなかった原発事故の問題や社会運動の拡大、そして被災地に対するさまざまな支援運動をさまざまな形で広く伝えることになった。映像作家やアーティストはカメラを手に311以降の現実を鋭く切り取る作品を制作してきた。今回の日本海賊放送特別番組「映像/アクティヴィズム/311」は311以降の映像の軌跡をあらためて検証しつつ、その可能性を探る
場所:高円寺素人の乱12号店(公開放送)
司会:毛利嘉孝+花崎草
ゲスト:
山川宗則(無所属)
浜 邦彦(早稲田大学/ストリート研究会)
藤井 光(美術家/映像ディレクター)
安田幸弘(レイバーネット日本
白石 草(OurPlanet-TV
江畠香希(映像作家)
ビデオ出演:
中村友紀(映像作家)
せんだいメディアテーク 企画・活動支援室 甲斐賢治(室長)、清水チナツ (学芸員)※3がつ11にちをわすれないためにセンター
メールインタビュー:秋山理央(脱原発デモカメラマン/映像ディレクター)
中継:堀部拓磨+上岡誠二
企画構成:上岡誠二+毛利嘉孝(日本海賊放送)




これは先日の録画。
Irregular Rhythm Asylum presents “IRAdio”
http://www.ustream.tv/recorded/20711311
新宿のとある雑居ビルに位置する小さなラジカル・インフォショップ<イレギュラー・リズム・ アサイラム>を運営するアーティヴィスト=成田圭祐が届ける新番組が登場! 記念すべき放送第1回めは、現在発売中の『美術手帖 特集・REAL TIMES』にイルコモンズ(アーティヴィスト、元現代美術家)+成田圭祐が寄稿した「アーティヴィズム・ナウ!」をさらに拡張させたヴィンセントラジオ急襲篇。誌面では掲載しきれなかった、社会変革をテーマに行動する世界各地のアーティストを「現在美術」としての「アーティヴィズム」という観点から音源や映像をまじえながら紹介する、つもりですが、話題の拡散に歯止めはかけないアンストッパブルなトーク番組です!!
http://vincentradio.com/
KEISUKE NARITA(IRREGULAR RHYTHM ASYLUM)
Guest:ILLCOMMONZ
Assistant:TAXIM
Recorded on 12/02/26




ひさびさのRLLradio
かくめい生活研究所 特別放送!
http://www.ustream.tv/channel/ziprockers
今週は、最近放送している臭いなかしー宅を飛び出して、下北沢にある古書BAR赤いドリルから特別放送。RLLは「赤P-remix Tシャツ」を赤いドリルさんに卸しているという関係。店内のBARスペースで赤いドリルさんにインタビュー&お店紹介。古書赤いドリル」は全共闘関係や竹中労、上野英信など消え去りつつある昭和の濃い空気を感じさせる古書を中心に扱っています!  夜9時から(いつもの10時じゃないよ!)久しぶりにスペシャルな放送!
震災一周年の11日にデモでパクられなければ放送しますよ。いまから楽しみです。
出演:RLL∞+∞=∞、RLLintellipunk、なかしー
ゲスト:赤いドリルさん
日時:2012年3月11日(日)21:00-22:00





矢部史郎『3・12の思想』以文社

矢部さんの新刊を装幀しました。来週には書店に並んでいると思います。
radiationを蛍光イエローで象徴してみました。



3・11ではない、
3・12の話をしよう

3・12後の状況を予見した
『原子力都市』の著者が語る、
放射能拡散問題のゆくえ

2011年3月12日、
私は東京をあとにした

 あの日以来、私たちの認識は大きく転換しました。人々は、「原子力発電がどのように管理されているか」ではなく、「原子力発電をもつ国家は、社会をどのように管理するか」ということに関心を向けるようになった。原子力をめぐる「管理」の概念は、分裂し、反転したのです。(本文より)



http://piratecom.blogspot.com/2012/02/blog-post.html
 「3・12」というのは誤植ではなくて、放射能拡散が始まった日付ということで、「3・11ではない、3・12の話をしよう」というコンセプトで話しました。

前著『原子力都市』で、福島第一原子力発電所爆発以降の世界を予見していた著者が放つ、待望の最新の語り下ろし。環境、社会、人間精神までを 見据えた真実の提言。混沌とした世界における「百家争鳴」時代を生き抜くために。

矢部史郎『3・12の思想』以文社
四六判 160ページ 上製
定価:1,600円+税
ISBN 978-4-7531-0300-3 C0010


312_1 312_2 312_3 321_4



3月は、大阪が面白そうだ!と勝手に宣伝

太陽大感謝☆プレ☆祭り
http://taiyo33osaka.net/pre2012/
3/2(金)3/3(土)に大阪の福島(!)と梅田で、☆TAIYO33OSAKA 『太陽大感謝☆プレ☆祭り』というお祭りがあります。エネルギーについて考えて体験する、ツッコミどころ満載の祭りです。

当日は鎌仲ひとみ監督や田中優さん木村真三先生や豪華ミュージシャンの面々でイベント盛りだくさん! ライブあり映画あり講演あり食ありマッサージありワークショップあり色々。全部の要素を大阪のアホアホエネルギーでカオス状態にします!
しかも自家発電!屋上にはった太陽光パネルや自転車発電で発電しながらイベントします!
是非遊びに来てください。m(_ _)m
※会場には子供の託児スペースもあります◎

この機会に是非大阪におこしやす~。一緒に、楽しく世の中シフト~!
『3月2日何デモぱれ?ど!CM』
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=NaoI19ulthw[/youtube]

2012.03.02(金)
TAIYO33OSAKA presents 太陽大感謝プレ祭 1日目
@大阪 福島 pinebrooklyn
☆祭りメインステージは太陽光発電、ユーストリーム放送は自転車発電による人力電力での開催にトライします!
足りなくなったら関西電力さんの電力を使用します。
☆当日はお母さん達にも楽しんでいただけるよう、託児スペースを設けています。
☆その他にも関西でとれた野菜やお米などのファーマーズマーケットや33フリーマーケット!
くるくる物々交換もあるよ◎!33フードも盛りだくさん!!お腹空かしてきてください!やっぽ?い!パオスッッッッッッ!☆

▼△▼△▼△▼ 第1部 ?△回回回△? ▼△▼△▼△▼
開場 / 開演 12:30 / 13:00
前売り¥800 / 当日 ¥1000※中学生以下は無料!(※要証明)
【シアター】
「ミツバチの羽音と地球の回転」※1部は映画上映のみになります

▼△▼△▼△▼ 第2部 ??発発発?? ▼△▼△▼△▼
開場 17:20 / 開演 18:00
前売り ¥2012(ドリンク代別途¥500)※中学生以下は無料!(※要証明)
【ライブ】
ハンバートハンバート
山本精一&原子力潜水艦
【トーク】
鎌仲ひとみ 「守りたい!未来のために」
【シアター】
「ミツバチの羽音と地球の回転」

【DJ】
コーヒールンバ
威力


2012.03.03 (土)
TAIYO33OSAKA presents 太陽大感謝プレ祭 2日目
@大阪 福島 pinebrooklyn

▼△▼△▼△▼ 第1部 ?☆光光光☆? ▼△▼△▼△▼
開場 12:00 終了17:00
前売り ¥2012(ドリンク代別途¥500)※中学生以下は無料!(※要証明)
【ライブ】
二階堂和美
Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.
?TAIYO33BIGBAND?
【トーク】
田中優(未来バンク事業組合理事長)『持続可能な未来を作る!今からできる新しいエネルギーの話』
【DJ】
コーヒールンバ
威力

▼△▼△▼△▼ 第2部 ?◎謝謝謝◎? ▼△▼△▼△▼
開場 18:00 / 終了 22:00
前売り ¥2012(ドリンク代別途¥500)※中学生以下は無料!(※要証明)
【ライブ】
大友良英×七尾旅人
ムーン♀ママBAND(ピカ☆×坂本弘道×ナスノミツル)
?TAIYO33BIGBAND?

【トーク】
木村真三(放射能衛生学)『放射能になんか、まけないゾ!』
「特別対談」木村真三×大友良英『チェルノブイリで見て来たこと』
【DJ】
コーヒールンバ
威力
——————————————————————————–
【33ワークショップ】
・お手軽酵素ジュース~酵素生活を始めよう~ ☆maholama☆ のり
・若者会議
・世界の自転車発電事情 上町自転車
・次郎さんのおいしいつけもの講座 吉村次郎(東小橋有機ファーマーズマーケット)
・日本古来の「麻」文化と人類への効用のお話 かしかし (「日本麻協会」事務局)
・ソーラーたこ焼き/ロケットストーブ 太陽光でクッキング!RA 田口ソーラー
【写真/スライドショー】
夜明け/山内悠
【絵の具舞踏】
谷内一光
【インタラマンゴ文明】
民芸人/あど,NEOTAO,ONEGAIGOTO,スイート☆ペニス☆ハテナちゃん,ヌケメ,F-hirunn,
ぺーどろりーの
【33マッサ?ジ】
直傳靈氣 PIKA☆/里芋/アンジ
操体法 植田良太
楽健法 呉山夕子
宇宙マッサージ プリミ恥部
【デコレーション】
コタケマン
【展示】
石田真也 and more!!!
【太陽33発電所】
<自転車発電>
上町電力
沖田電気株式会社
<太陽光発電>
RA [田口ソーラー]
【ショップ】
エジプトレコーズ
りんご野
IN/SECTS+Pulp
THE BIGISSUE
ユワルレ
and more!!!!!!!!!


【諸注意】
3月2日、3日ともに1部、2部入れ替え制になります。各公演、この他にワークショップや出店ブースなど盛り沢山な内容で予定しております!

☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
2012.03.03 (土)
太陽大感謝☆プレ☆祭り~After the sunshine!!!~
@梅田シャングリラ& MAMBO CAFE
OPEN 22:00 / START 22:00
入場料 2DRINK(1000円のみ)
【ライブ】
EXPE AMAZON FUNK
EATER , AOKI takamasa , WATANABE
PARAPHONE
【DJ】
BING a.k.a kajiwara toshio
KA4U
威力
コーヒールンバ
カナディアン
DISTEST
kihira naoki
kobayashi
mongoose
shingo
kunio asai
ONO
【VJ】
Moairoq

【FOOD/SHOP】
振る舞いフルーツ
甘茶蔓
ecompa

いかれ帽子屋
乙カレー
vearth(crftart&books)
and more!!!

【DECO】
mahorama
tamago




cc_oo HEADZ × IN/SECTS presents
蓮沼執太『シーシーウー・ツアー・ジャパン』大阪
http://www.insec2.com/news/1168.html

 2012年初春、4枚組アルバム『CC OO | シーシーウー』を発表した音楽家、蓮沼執太。近年、活動が多岐に渡る彼だが、今作には、ヨコハマトリエンナーレ2011を始め、パフォーマンスグループ快快 -faifai-、シアタープロダクツのショーの為の音楽etc.を収録。今作はとりあえずの集大成だといえる。彼の軽快なフットワークは、そもそも音楽家はひとつのスタイルに収まるべきものなのだろうか? という問いへの単なる反抗や開き直りにはとどまらない。つまり、結果この4枚組から浮かび上がるのは、その都度、蓮沼が捉えようとした同時代における風通しの良さ、じゃないだろうか。そう、今回のリリースパーティでは、2010年代の空気を目一杯吸い込んだポップ、を体験できる貴重な機会になるはずだ。あわせて、この日の共演には、蓮沼執太チームのメンバーで昨年、掛け値無しの傑作『それからの子供』を発表したシンガーソングライター木下美紗都。谷町六丁目からは360°ボーダーレスな劇団 子供鉅人。現在休“眠”中の大阪が誇る(鼻)歌心溢れるインストバンドneco眠る、その森雄大と栗原ペダルによるユニット、そこに同じくneco眠るの BIOMANが加わる、というスペシャルな編成の腹八分+BIOMANが登場。2012年の心機一転、東心斎橋の新たなるクロスカルチャーポイント CONPASSの幕開けに相応しい? 3音楽+1劇団のフットワークをお見逃しなく。

■出演
蓮沼執太チーム(蓮沼執太・石塚周太・イトケン・葛西敏彦・木下美紗都・斉藤亮輔・Jimanica)
劇団 子供鉅人
木下美紗都
腹八分(森雄大(neco眠る)+ 栗原ペダル(neco眠る、NEW MANUKE))+ BIOMAN(neco眠る)

■フード
ONILAB.(カレー)

日時 2012年3月9日(金) OPEN/START 7:00PM
会場 CONPASS http://conpass.jp/
   大阪市中央区東心斎橋1-12-20 シキシマビルB1F
料金 前売2500円(drink別) 当日3000円(drink別)

※現在、前売メール予約受付中
件名を「3/9 蓮沼執太 大阪」とし「人数/それぞれのお名前」を明記し
info@insec2.com または info@faderbyheadz.com までメールをご送信ください。
万が一、こちらからの返信がない場合は、06-6773-9881(IN/SECTS)までお電話ください。
前売メール予約は3/8(木)中まで受け付けます。

ローソンチケット http://l-tike.com/(Lコード 54627) 
e+ http://eplus.jp/
2/18(土)より販売開始

■問い合わせ
06-6773-9881(IN/SECTS)
IN/SECTS http://www.insec2.com/
HEADZ http://www.faderbyheadz.com/


蓮沼執太 Shuta Hasunuma
1983年、東京都生まれ。現在、東京藝術大学大学院映像研究科研究生。国内外のレーベルから音楽作品を多数発表。
最新作『CC OO』は東京都近代美術館での展覧会『イケムラレイコ うつりゆくもの』での会場音楽、映画監督・瀬田なつきとの共作映画など、他分野とのコラボーレション作品を収録。そのアートワークは気鋭の現代美術作家、金氏徹平によるもの。http://www.shutahasunuma.com/



120316_MediaGym2011dm
メディア・ジム 道具をつくる身体をつくる
Document Media Gym
http://www.remo.or.jp/ja/2012/0218-372.html
内田聖良 機械の言語を身につける
contact Gonzo 能動的滑落としての「山サーフィン」の開発
ROGUES’GALLERY 農民車をつくる


remoでは本年Media Gymと称して、次代を担う新進芸術家にメディア芸術家に求められる基礎的な諸技術の学習機会を提供するワークショップを行なっています。近年ますますブラックボックス化・パッケージ化される「商品」に依存せず自分で出来るものは手ずからつくる力、いわばメディア芸術家の「基礎体力」の向上を目指すのが、 Media Gymのもくろみに他なりません。公募により選考された参加アーティスト3組は、すでに各々これまでの活動の枠をこえるあらたな試行錯誤をremoとともに模索してきました。このたび、約7ヶ月間にわたる活動のプロセスを展示という形で発表することとなりました。アーティストの、愚直なまでのメディアとの格闘の軌跡を是非ご体験ください。

開催期間: 2012年3月16日(金) – 25日(日)15:00 – 20:00(ただし16日は18:00 – 20:00)
会場: コーポ北加賀屋(大阪市住之江区北加賀屋5-4-12)
料金: 無料
*会場はかなり冷え込みますので、暖かくしてお越し下さい。

***会期中のイベント***
●アーティストトーク:内田聖良、contact Gonzo、ROGUES’ GALLERY
日時: 3月16日(金) 18:00 – 20:00
料金: 無料
事前申込不要


●ワークショップ: 内田聖良「回路をさわる(曲げるための①)」
電子回路は、回路図に沿って忠実に組み上げることとは別に、既製の回路をいじって作った側の意図を曲げながら自分のものにしていく方法があります。後者の方法を「サーキットベンディング」と呼びます。その第一歩は、回路の改造ポイント=ベンドポイントをあなたの指で探す身体的な行為です。サーキットベンディングを最近知った初心者内田聖良と既製の電子回路を曲げる第一歩、ベンドポイントを探す、を試みましょう。

日時:3月17日(土) 15:00 – 17:00
料金:無料(サーキットベンディング用に、電池式で、音や光が出るおもちゃをひとつ以上持参して下さい。壊れる可能性もありますので安いもので構いません。)
定員:5名
申込方法:住所、氏名、電話番号、e-mailを明記のうえ、mg@remo.or.jpへお申し込みください(先着順)。


●ワークショップ:contact Gonzo「山サーフィン大会」
「山サーフィン」のデモンストレーションとしての大会をゴンゾメンバーで山の中で開催します。自作道具により斜面の落下をどこまでコントロールできるのか、その形にどのように優劣が付けられるのか、ということを実地検証というか、バンバン滑ります。(希望者は試乗可)

日時:3月18日(日) 9:00-17:00(下山目安時刻)
会場:六甲山近郊(会場詳細・集合場所は参加者に別途お知らせします)
料金:無料 *交通費・飲食代は各自ご負担ください
定員:20名
申込方法:住所、氏名、電話番号、e-mailを明記のうえ、3月17日(土)までにmg@remo.or.jpへお申し込みください(先着順)。


●ワークショップ:フランコ・ベラルディ(ビフォ)「機械・身体・言語」
今回それぞれのアプローチから、身体を動かすこと、車をとりもどすこと、機械とのふれあい方をみつめなおすこと…そのような課題に取り組んできたアーティストたちと語りあう時間をみなさんを含めもちたいと考えました。お相手をしていただくのはメディア哲学者のビフォ。時計の起源から精神病理まで縦横無尽に駆けめぐるかれは今回、イタリアから4年ぶりの来日となります。

日時:2012年3月24日(土)・25日(日) 15:00 – 17:00
料金:無料
事前申込不要

プロフィール
内田聖良(うちだ せいら)
美術作家・フリーター。1985年埼玉県生まれ。情報やイメージについての構造を視覚だけでなく様々な感覚で知覚すること、その感覚を鍛えることをテーマに、インスタレーションやパフォーマンスの方法で制作を行う。近年は特に専門化されたメディアに対して素人が介入するための場の制作と日常的な行為を行っている。AAF2011参加企画「秋葉原ネットワーク」メンバー。2010年からはんだごてを握りはじめる。
http://siruchd.web.fc2.com/

contact Gonzo(コンタクト ゴンゾ)
2006年結成。contact Gonzoとは、集団の、そして方法論の名称、つまりローファイなスパークでもある。朦朧としながら「痛みの哲学 接触の技法」を謳い、独自の牧歌的崇高論を構築。つまり殴り合ったり、坂を落ちたりする。その過程で、森の中でカメラを破壊しながら、誰よりも自分たちに近づく手法「the first man narrative」を開発し、インスタントカメラで大量の写真撮影をおこなう。現在、事務所を自分たちで作りながら、「遅い戦車」や「山サーフィン」を開発中。現メンバーは塚原悠也、三ヶ尻敬悟、加藤至、金井悠、松見拓也、小林正和の6名。
http://contactgonzo.blogspot.com/

ROGUES’GALLERY(ログズギャラリー) 
1993年に浜地靖彦(70年大阪生まれ、大阪芸術大学卒)と中瀬由央(71年兵庫生まれ、大阪芸術大学卒)により結成されたアーティスト・ユニットの名称。音響システムを組み込んだ自動車によるドライブ・パフォーマンスなどを行い、06~07年には全国16の美術館などでツアー。08年国立国際美術館にてソロ・イベント。ドライブ・パフォーマンスのほか映像作品も制作し、大原美術館、広島市現代美術館、国立国際美術館、高松市美術館に収蔵されている。
http://roguesgallery.jp/

Franco Berardi(bifo)(フランコ・ベラルディ(ビフォ))
現代作家、メディア理論・活動家。雑誌”A/Traverso”(1975-81)創刊者にしてイタリア初の自由ラジオ”Radio Alice”(1976-78)を展開し、パリへ逃走してフェリックス・ガタリと協働。粉川哲夫『メディアの牢獄』(1982)にもアウトノミア運動におけるスポークスマンの1人として登場、〈運動〉から弾圧にいたる過程を分析した「アウトノミアのアナトミー(解剖学)」が紹介されている。80年代には”Semiotext(e),” “Chimères,” “Metropoli,” “Musica 80″などの雑誌に寄稿、90年代から文化や精神についての著書多数。邦訳書に『ノー・フューチャー』(洛北出版)と『プレカリアートの詩』(河出書房新社)がある。


文化庁委託事業「平成23年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
制作: remo[NPO 法人記録と表現とメディアのための組織]
協力:NPO法人淡路島アートセンター/AIR大阪/大木自動車/クボソーコ/窪田航平/豊田達也/中村隆行/南野佳英/RESULT



『砂漠』zine快走中。

SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERSで開催中の「第二回 SPBSリトルプレス100」(2012年1月6日~31日)に『砂漠』Vol.2も参加させてもらっています。
http://www.shibuyabooks.net/blogs/information/201201061221004224.html
SPBS0 SPBS1 SPBS2

そして来週からは模索舎で砂漠クルーの選書フェアがはじまります。選書した41冊の書評を詰め込んで、動物委員会の最新作「鳥はきみの歌声が聴こえるか」も掲載した『砂漠』vol.2 1/2もリリースされます。そのデザインを一部だけ↓
sabacusensho_ichibu



Culture Jamming

「どうやって幻影と戦うべきなのか?」

いいかえるなら、表徴の帝国でメディアと戦うにはどのような政治手段が考えられるだろうか、という問題。

その答えは、ウンベルト・エーコのいう「記号的ゲリラ戦争」の中に見つかるかもしれない。エーコは書いている。

「メディアのメッセージを受け取る人々には、まだ自由が残されているように思われる。それは、別の方法でメッセージを読みとっていくという自由だ———視聴者がメッセージと多様な解釈の可能性をコントロールするように説く行動を私は提唱したい」

「メディアを利用して、他のメディアにおける選択肢を伝えることは可能である———コミュニケーション・ゲリラの集団は、テクノロジカル・コミュニケーションの世界の番人である。彼らはメッセージが盲目的に受容される状況に対し、批評の次元をとりもどすだろう」

エーコは演繹的に、ビジュアル・リテラシーというラディカルな政治手段を想定している。ビジュアル・リテラシーとは、消費者文化評論家のスチュワート・ユーウェンによって強く主張されている概念だ。ユーウェンはいう。

「われわれは、イメージが伝達の形式を支配している時代を生きている。それは、意味の構造化において他の形式をしのいでいるのだ」

熱と光と、電子のポルターガイストの社会———無限の広さを持ち、光がきらめき、滑らかでつやのある製品があふれるような不気味な別世界———においては、意味を再構築しようという試みは、およそ無謀なものである。企業のマーケティング部やPR会社の考え方を正そうとすることさえ同様だ。だからビジュアル・リテラシーというゴーストバスターズが必要なのだ。

このコミュニティ「カルチャー・ジャミング」について説明しよう。「ジャミング」とは、CB無線で使われるスラングで、おならの口まねや、卑わいな言葉、そのほか同じような子供じみたやり方で、ラジオや仲間同士の無線の会話を妨害することである。これに対してカルチャー・ジャミングは、かつてないほど便利になった一方、押しつけがましくもなったテクノ・カルチャー———記号を操作して、社会的合意をでっち上げている———をその標的とする。

「カルチャー・ジャミング」という言葉は、コラージュバンドのネガティヴランドによって初めて使われた。彼らは、屋外広告の改竄などメディアを妨害するさまざまな行為に対してこの言葉を使ったのだ。アルバム『JAMCON `84』で、メンバーの一人がシリアスめいて述べている。

「われわれの生活が、いかにメディア環境に影響を受け、支配されているかということについて、皆気づきはじめた。そしてそれに抵抗する者も出てきた—屋外広告をみごとに改竄すること—それは、見る者に、広告を製作する企業の戦略について考えさせることになる。カルチャー・ジャマーにとって、スタジオは世界全体なのだ」

カルチャー・ジャマーは芸術的なテロリストであり、生まれつきの批評家でもある。彼らはエーコのいうコミュニケーション・ゲリラのように、送信機から受信機へ至る途中の信号にノイズを挿入し、受け手に予期しない解釈を促すのだ。彼らは侵入物に侵入し、広告やニュース番組、その他のメディアに破壊的な意味を付与する。同時にメディアを解読し、そのうわっつらの魅力をはぎ取ってしまう。ジャマーは、決まり文句と偽りに満ちたメディアとの戦争では著作権など存在しないということについて、反論できない証拠を提示する。ユーウェンのいう文化的暗号使用者のように、彼らは受け身の買い物客であることを拒否し、社会的なディスクールの認識を塗り替えていくのだ。

最後に、重要なことだが、カルチャー・ジャマーはグーチョ・マルキストである。彼らは“fun”の感覚を忘れずに、楽しみながら暴力的なイデオロギーを破壊していくのだ。生粋のイタズラ者である元デッド・ケネディーズのボーカリスト、ジェロ・ビアフラはかつてこのように述べている。

「単なる犯罪とクリエイティヴな犯罪とは全く異なるものだ。単なる犯罪というのはセブンイレブンで強盗するようなこと。クリエイティヴな犯罪というのは一つの表現形式だ。それは———魂を高揚させる。この蟻塚のような社会で生き残るにはどうしたらいいだろう? 社会を誘惑するマスメディアを罵ることよりももっといい方法とはなんだろうか? 一日一回悪戯をしかけて、犬を首輪から解き放とう!」

ジャミングは歴史的に連綿と続いてきた行動の一部だ。ロシアのサミズダート(政府の検閲に抵抗した地下出版)、ジョン・ハートフィールドの反ファシズムのフォトモンタージュ、シチュアシオニストのデトーナメント(グリ-ル・マーカスが著書『Lipstick Traces』で定義したもので、芸術品をそれ自身のコンテクストから盗みとり、自分の考えたコンテクストの中に流用してしまう)、ポール・クラスナーやジェリー・ルービン、アビー・ホフマンといった60年代の運動家たちのアンダーグラウンド・ジャーナリズム、ペンタゴンを空中浮遊させようというイッピーたちの街頭演劇、ダラスのサブジニアス教会のようなパロディ宗教、「意味のない情報を必要とする変人のための雑誌」と銘打たれたプロセスド・ワールド誌が報告する種のサボタージュ、アース・ファースト!がおこなう環境破壊に対する妨害行為、ラジカルな理論家、ハキム・ベイが「詩的テロリズム」(コンピューターが業務を進める銀行のロビーで一晩中奇怪な身ぶりで踊ること、国立公園の中に奇妙なエイリアンの遺物のようなアートをまき散らすこと)と呼ぶような、(アントナン)アルトー主義者たちの無意味な行為の数々、ウイリアム・バロウズが『Electronic Revolution』(「連想の道筋を放棄することでマスメディアのコントロールから脱することができる。カット・アップ・テクニックは、幻想によってマスメディアを無力にしてしまうだろう」)のなかで提示している「カット・アップ・コラージュ」の反逆的な使用、サブカルチャーのプリコラージュ(社会的アウトサイダーたちによる、優位文化と結びついた記号の組み替え。浮浪者、ゲイ、ほとんどが非白人のドラァグ・クイーンたちによる、きらびやかな衣装とヴォーグのモデルのポーズの盗用)。

柔軟なカテゴリーであるカルチャージャミングは、多くのサブカルチャー的行動を受け入れる。組織や企業の悪行を暴露する目的でおこなわれる違法なハッキングはその一例だ。また「スラッシング(slashing)」あるいはテキストの改竄行為も含まれる。(「スラッシング」という言葉は「K/S」というポルノ小説に由来している。KIRK/SPOCKの略であるK/Sは、女性のスタートレックファンによって書かれ、アンダーグラウンドのファンジンとして発行されている。スタートレックのストーリーのなかに同性愛的な意味を発見したことから始まったもので、フェミニストたちにも人気がある。私は大衆向けの物語をつくりかえてしまうジャミングの全ての形式に、この「スラッシング」という用語を活用しているので、一般的な言葉として使っている)。

海賊テレビやラジオといったトランスミッション・ジャミング、あるいはビデオカメラによる反=監視行為(DIY精神あふれる暴露屋たちは、警官の蛮行や政府の腐敗を記録するために、コストのかからない技術を利用する)などは、カルチャー・ジャマーにとって可能性に満ちた方法といえる。さらに、まるでいけにえを捧げる儀式のように、マンハッタンのCBSのオフィスの前にテレビを山積みにするといったメディア・アクティヴィズム———湾岸戦争時に FAIR(Fairness and Accurancy In Reporting)によって行われたメディアの偏向に対する抗議行動の一部—や、エイズ報道が少ないことに抗議しておこなった『マクニール/レイラー・ニュースアワー』へのアクト・アップの破壊行動のようなメディア・レンチングなども同様だ。いくぶん伝統的な種のカルチャージャミングは、ペイパータイガーTVのようなメディア監視プロジェクトだ。ペイパータイガーTVは、インディペンデントなプロデュース集団で、情報産業を批評するテレビ番組を製作している。ディープディッシュTVは、草の根の衛星放送ネットワークで、全米のケーブルテレビのパブリックアクセスに自由思想的な番組を供給している。若いアフリカ系アメリカ人のビデオアクティヴィスト集団であるノット・チャンネル・ゼロは「革命—放映中」というモットーを掲げている。そしてアカデミズムへのハッキングが、カルチュラル・スタディーズだ。これは反乱する知識人たちによって、大学の塀の外側から持ち込まれたものだ。

Culture Jamming: Hacking, Slashing and Sniping in the Empire of Signs
Mark Dery

InterCommunication NO.19
進歩的で実践的な未来主義を構築すること
マーク・デリー 電子メール・インタヴュー
毛利嘉孝 訳
http://www.ntticc.or.jp/pub/ic_mag/ic019/059/IC19-059-J.html

MD
Photo=Leah SINGER
Courtesy Grove Press


 マーク・デリーは、ニューヨークに脱出したカリフォルニア人だが、いまではアメリカで最も人気のあるサイバー批評家である。『カルチャー・ジャミング』[★1]というパンフレットと彼の編集による論集『フレーム・ウォーズ』[★2]の後で発表された彼の最初の主著『エスケープ・ヴェロシティ(重力脱出速度)』[★3]では、90年代のアメリカのサイバーカルチャーの「ビリビリするようなツアー」を体験できる。この「インフォメーション・エイジの最暗黒部への旅」は、とても簡潔でジャーナリスティックな筆運びで、サイバーデリアのレトリック、サイバーパンクのミュージシャンやポスト = インダストリアルの思想家、「ヴァーチュアル・セックス」の起源、ステラークやオルランといった「儀式の機械工」、そしてハンス・モラヴェックやエクストロピー主義者[☆1]の「廃墟の身体」を正確に描き出している。デリーは、芸術作品、パフォーマンス、インスタレーション、SF文学、映画の分析にあたって、カルチュラル・スタディーズという道具を利用し、サイバー主義者たちのほとんどに深い思考が欠落していることを批判している。

 サイバーカルチャーは、そのサブカルチャー的な境界から抜け出すと、新しモノ好きのメディアから突然大きな注目を浴びたのだが、自らのポジションと戦略について明確なパースペクティヴをもつことがなかった(要は未来のことだけ話していたのだった)。イデオロギー的な意味で解放運動に関わっている左翼や文化エリートの視点からも問われることなく、古い(今日では「新しい」)アンダーグラウンドのヒッピー = パンクは、今日でも漠然とした信仰体系を維持しているようにみえる。こういうものを退けて、デリーは、『ワイアード』系デジタル・エリート階級[☆2]のアジェンダである、精神と身体を支配している二分法や、ウィリアム・ギブスンとその追従者にとって当然のように受け取られている「21世紀の分裂病者とザイバツの権力者の麻薬としてのサイバースペース」といったものを、さまざまな角度から疑問に付している。デリーが批判するのは、ニュー・エイジ・イデオロギーの無批判な引用(たとえば、最近のデイヴィスの「オズモース」、マイケル・ハイムの文章、マーク・ペセスのVRML説教)であり、SFの病理学的なファンタジーであり、テクノ = リテラシーの自由の力を強調する一方で、サンフランシスコの現実のストリートの貧困や悲惨さに背を向ける、彼らの「ありえない未来デザイン」やシニカルなネオ・リベラルのグローバリズムなのである。


ヘアート・ロフィンク(以下GL) ——あなたの本『エスケープ・ヴェロシティ』は、文字どおりに身体が重力を克服する速度を扱っているわけではありません。それと対照的に、ポール・ヴィリリオの最近作(皮肉なことに同じタイトルですが)は、そうした問題を扱っています。あなたにとって、サイバーカルチャーとは、何よりもまず、われわれがお互いに話している未来的な物語——神話でありレトリックであり現実逃避の運動でさえあるのです。同時に、あなたの本では、この10年間「デジタル・アンダーグラウンド」が何によって変化してきたのかということがとても面白く描かれています。どのように、この強迫観念的な実践は、社会の辺境で現実の国家と企業の権力と関係しているのでしょうか? 結局は、こういった機械やプログラムやネットワークを作ろうという不気味な欲望は、資本主義のひとつの大きな物語のなかに回収されて終わってしまうだけなのでしょうか?

 あなたのオープン・マガジン・パンフレット、『カルチャー・ジャミング——表徴の帝国でのハッキング、スラッシング、スナイピング』の中で、あなたは「カルチャー・ジャミング」という用語を、「情報戦争、テロ芸術、ゲリラ記号学の組み合わせで、われわれが住んでいる情報社会に対抗して導かれているものであり、記号操作を通じた合意の産物によって様式が作動させられる、より一層侵攻的で道具的なテクノカルチャー」とあなたがいろいろなところで定義したものを評価するために使っています。「サイバー・ジャミング」は、たくさんあるわけではありません。破壊/転覆(サブヴァージョン)の神話というものさえ見あたらないようです。90年代は政治ということに関しては本当にそれほど「暗黒時代」なのでしょうか? そして、このナイーヴなテクノトピアの嵐が終わるまでただ待つべきなのでしょうか?


マーク・デリー(以下MD) ——破壊/転覆の神話に死ぬ前の最後の祈りを捧げるのはまだ少し早いように思えます。というのも、それは、一時的自律的領域(Temporary Autonomous Zones)[☆3]というネットの群島や、オンラインや現実の世界におけるその他のアナルコトピア(anarchotopia)といった先端をいくサブカルチャー的な夢の中に生きているからです。たとえば、『ワイアード』は、「制御不能(アウト・オヴ・コントロール)な」[☆4]サイバー資本主義という乱暴で狂ったヴィジョンを魔法のように呼び出し、その典型的な読者である三十過ぎで年収八万一千ドルくらいの知的労働に携わる男性 ——別の言い方をすると、ロバート・ライシュの言う記号の分析者——に、自分たちが一皮むけば自分たちがいまだに十代のミュータント・ニンジャ・ハッカーであると再確認させているのです。『ワイアード』は、活気のある「大したことはない長によって指揮されるサブユニット」からなる「原子化企業」というゴスペルを唄うトム・ピーターズのような経営の導師(グル)の言葉を話しています。『ワイアード』のデザインはまさに、ベビーブーマーたちのファンタジーである「混乱(メッス)のない革命」といったMTVの印象深いスローガンに働きかけ、企業の年次報告書とサイバーデリア的な「スピン・アート」[☆5]の両方に同じように使われているデイ = グロのグラフィックス[☆6]とマイティ・モーフィンのタイポグラフィ[☆7]によって、21世紀のサイバー資本主義とカウンターカルチャーの反乱とを和解させようとしています。キース・ホワイトが、彼の『バッフラー』の中の「キラー・アプリ」というエッセイで書いているように、「企業であるということはいまや退屈なことでも順応主義でもない——それはロックすることなのだ!」という考えは、「新しい存在であることと、社会的に不安定なエリートの一員であることを熱望している」デジタル・エリート階級の気持ちを和らげる音楽なのです。このように、皮肉にも『ワイアード』によって経営者に点火され、蹴込まれ、ジャックインされた擬似的革命にすっぽりと浸かっているかもしれませんが、破壊/転覆の神話は生き延びているのです。

 もちろん、サヴァイヴァル・リサーチ・ラボラトリーズ(SRL)のマーク・ポーリンのようなテクノ神話作家(ブリコラー)たちは、あなたが言わんとしている「破壊/転覆の神話」をもっとうまく具体化しているかもしれません。テクノロジーの残骸を盗み出し再び動くようにして作ったロボットで、軍産複合体に対してゲリラ戦を遂行するこの荒くれ者のテクノロジー主義者は、『モナリザ・オーヴァドライヴ』のスリック・ヘンリーのようなウィリアム・ギブスンの登場人物を通じて、アウトローのハッカーとともに、サイバーパンクの神殿に祀られてきました。

 鉄屑野郎たちによって遂行されるテクノ革命というSRLが喚起するファンタジーの問題点は、そこに「赤い旅団」がかつてしたように「国家の心臓部に命中するように」首尾よく爆弾がしかけられているという、不釣り合いなまでに去勢された男のような信念が書き込まれていることです。いまや明らかなのは、ギー・ドゥボールの『スペクタクルの社会』からクリティカル・アート・アンサンブルの『電子の暴動』まで、権力の非線形のダイナミクスというポストモダン的な分析の基本的な前提は、権力が空化されている(エーテリアライズ)ということですし、(ウィリアム・S・バロウズ的な警句を使えば)支配は、体罰よりも、むしろ合意を生産するメディアのフィクションとともに大衆の想像力を植民地化することによって遂行されているということです。ポーリンは十二分にこのことに気がついています。SRLの公演では、官僚的な権力に対する儀式化された抵抗でさえも、その観客の心の中だけにせよ、明確な効果があるという前提に立っています。『エスケープ・ヴェロシティ』の中で私はSRLについての批評を「私は記号の身ぶりによる政治的潜在力を信じている」というポーリンの言葉で終えています。この引用は、スチュアート・ホール、ディック・ヘブディッジとそのグループによって理論化された文化政治学の闘争のスローガンの代わりに容易になるかもしれません。

 残念なことに、記号の抵抗は、結局「記号」の抵抗でしかありません。それは、ミクロポリティカルな抵抗という名のもとにそのより広い文化的な領域を譲り渡し(さらに言えば、これはヴァーチュアル・コミュニタリアニズムと共有しているアキレス腱でもあります)、そして、意図にかかわらず、消費資本主義によって簡単に流用されてしまいます。この消費資本主義は、それがどれほど政治的潜在力に満ちていようが、驚くべき速度で、内臓、皮膚、素材そして多くの「記号の身ぶり」を消費します。ギブスンのサイバーパンクの標語を変形させれば、「商店街もまた、それぞれの、それぞれにとっての使い道を見出すのだ」ということです[☆8]。

 最後に、商品とははっきりと見分けがつけられる抵抗の空間もまた、より毒性の強い政治的な侵入者を敵として生み出す消費資本主義というワクチンの中では、奇妙な新しい遺伝子を育む培養皿として機能することがあるかもしれません。アンドリュー・ロス[☆9]が『ストレンジ・ウェザー』で書いているように、『Mondo 2000』に代表されるようなサイバーデリックなカウンターカルチャーは、『ニューロマンサー』の中で描かれるチバ・シティの非合法地域、仁清のように、「合法的な産業デベロッパーのための実験的な測深板」として機能しています。それは、われわれを一周まわって『ワイアード』まで連れ戻し、サイバールンペンがマイクロ農奴(サーフダム)へ移行する際の文化的気密室(エアロック)としての役割を果たすのです。

 政治的な戦略としては、こうした抵抗の儀式——あなたの用語に従えば「破壊/転覆の神話」は、国民国家の粗野な権力と、こういったものを急速に時代遅れなものに変えつつある多国籍巨大複合企業体との関係のうえに成り立っていますが、これは、たとえば、かつて紙と竹でできた放火装置をジェット気流に乗せてアメリカまで飛ばし、アメリカの森を焼き払おうとした日本の戦略が、同時に日本へのアメリカの原子爆弾投下との関係から成立していた、ということと同じようなものです。

 こうしたことは、「不気味な欲望は、資本主義のひとつの大きな物語のなかで回収されて終わってしまうだけである」とか、われわれは「このナイーヴなテクノトピアな嵐が終わるまでただ待つ」べきだ、ということを意味しているのでしょうか? そんなことは絶対にありません。私は、ミクロポリティクスの抵抗に対する最後で最良の希望として、ポストモダン的なプリミティヴィズムや超ジェンダー的なアクティヴィズムや『スター・トレック』的なポルノグラフィや「おぞましいもの(アブジェクト)」をロマンティックに空想することに対しては疑いを持っています。その一方で、フランクフルト学派のマルクス主義を受け継いで、サイバーカルチャーを救いのない支配による一望監視型の悪夢として捉える破滅型の傾向もまた疑わしく思っています。さらに、アーサー・クローカーがジャン・ボードリヤールから受け継いだ馬鹿げた「不幸=憂鬱症(ディスフォリア)」については非常に懐疑的です。このとてもディストピア的なヴィジョンは、われわれを取り巻く社会経済環境の問題を解決する方法を何も提示しないばかりか、SF的なジャーゴンにペシミズムをくくりつけ、こうした問題をアカデミックなテーマパークの中の軽薄なアポカリプスに放り込んでしまっています。これこそが、ヴァルター・ベンヤミンが人間の「自己疎外が、自分自身の破滅をその最初の美的な喜びとして感じることができるまで来てしまった」と警告するときに語っていたことなのです。

 われわれが最後にしなければいけないことは、隠れ家にしゃがみ込んで、「ナイーヴなテクノ・ユートピア主義者」と(美味しそうなメニューの)夕食のためのガイア的グロクトピア(筆者補註:grok=60年代のヒッピー用語で、もともとロバート・ハインラインが直観的把握という意味で用いた)というニュー・エイジ的な夢をもつ二層化した社会的現実、つまり、ますますホッブス的になっている現実を待ちかまえることです。こうした場所から抜け出す最初の一歩は、われわれがギングリッチ的な、あるいはトフラー的な自由放任主義の未来主義に火炎放射器を向けるところから始まるでしょう。こうした未来主義のおかげで、このわれわれ全体の運命は、市場の優しい憐れみか、われわれの希望を千年後の開花とやらにくっつけてしまうニュー・エイジ的なサイバーの樹に委ねられてしまっているのです。われわれは、この騒々しく汚れたいま現在のテクノロジーの未来に関する文化的な議論を設定し直して、もっと進歩的で実践的な未来主義を建設しなければなりません。


GL—— ヴァーナー・ヴィンジやK・エリック・ドレクスラーやハンス・モラヴェックに触れながら、あなたはサイエンスがそれ自体のテクノ終末論、あなたが「緊急脱出座席の神学」と呼んでいるものを生み出していることを指摘しています。こうした「明るい未来」の予言者にとって、テクノロジーは宗教的な側面をもっているようにも見えます。「聖なるものはマシンの中に生きている」というのが、北カリフォルニアのサイバーデリック・カルチャーとそのテクノ超自然主義的なファンタジーについての章の結論でした。サイバーカルチャーは、その宗教的な熱意を批判していないように見えます。フォイエルバッハもマルクスもニーチェもみんな、宗教とその制度について批判しているのに、『反マッケンナ論』はまだありません。ニュー・エイジはあまりにも深くテクノカルチャーに埋め込まれていて、ほとんど誰もこの語られない合意事項に疑問を挟まないようです。
もちろん、ポストモダンの思想家にそうすることを期待することもできません。現在の信仰体系に対抗するようなラディカルでデジタルな無神論を想像してもらえませんか? あるいは、そうしたサイバースペースの冷たい近代主義の説明はあまりにも耐え難く、それゆえ形而上学的な要素をわれわれが受け入れる必要があるのでしょうか?


MD—— さあ、とても私がフォイエルバッハやマルクスやニーチェと同等とは思えませんが、マッケンナについては喜んで剣を交えたいと思います(というのも彼は、千年王国のサイバーハイプのもっと有名な髭の予言者たちよりも、はるかにオリジナルで、限りなく説得力のある存在として私に衝撃を与えたからです)。事実、ちょうどオーストラリアのサイバー雑誌(ジン)『21世紀』のための原稿で一戦交えたところです。そこで、私はマッケンナのサイバーデリックなヴィジョンを、アーサー・C・クラーク的なSF神秘主義、ニュー・エイジの千年王国論、そして60年代の(特にノーマン・O・ブラウン)のディオニュソス的な「表現の政治学」から紡ぎ出されたサイボーグのための寝物語として理論化しています。多くのだまされやすいファンは彼の理論を字義通り受けとっているように見えるのですが、もしそうすれば、彼にはとても問題があります。というのも、彼の考えは、私がテクノ終末論——つまり緊急脱出座席の神学と定義したカテゴリーに明らかに陥っているからです。神学として理解すれば、彼の思索はほとんど因習的な輪郭をなぞっているだけです。たとえば、彼の話では、『原罪の物語』で描かれているように、幻覚作用のあるキノコという触媒のスパークを通じて太古の人類の言語が出現します。あるいは、マッケンナは、サウロがダマスカスに向かう途中で改宗するように「光でできたフラクタルでジオメトリカルな空間」を、そして、黙示録で終末論者が予言をするように「時間の終わりにおける超越的な物質」という彼の神学的なストレンジ・アトラクターを視覚的に経験をしています。

 「デジタルな無神論」が、サイバーカルチャーに浸透している新グノーシス主義的な、あるいはニュー・エイジ的なテクノ超越論に対抗する必要があるのかどうかはわかりません。論理のかみそりは、それに関わっている具体的な政治という砥石によって研がれ、まさに正しく用いられるべきなのです。率直にいって、私が驚かされるのは、オンラインに加入している人数が人間の脳のニューロンの数と同じになったとき、ガイア的な精神が「生まれる」(それが実際何を意味しているのかはさておき)だろうというジョン・ペリー・バーロウの信念や、すべての人間がフィードバックと反復を通じて現実を最大限再デザインする能力があるという『サイベリア』でのダグラス・ラシュコフの主張を含むような事柄を誰もが無防備に信じ込もうとすることです。格好のいい新しいデータスーツにだまされてはいけません。これは、「サイキックな粘液の脈を打つウェブが存在し、われわれはすべてその一部分なのだ」という概念でP・J・オルークによって印象的に描き出された60年代のオー=ワオイズム(Oh-Wowism)とまったく同じなのです。


GL—— あなたのサイバーパンクの系譜学では、この(主に文学上の)現象はポップ・ミュージック、中でもパンクにその起源を持つとされています。しかし、歴史的に言えば70年代のパンクとテクノロジーの間には何の関係もないようです。また、パンクはサイバーパンクのようなナルシス的な個人主義を欠いていたように感じられます。

MD——『エスケープ・ヴェロシティ』の中でパンクとサイバーパンクが共有している文化的DNAについては、もっとうまく納得してもらえるようにきちんと証明していますが、ここで割り当てられた限られたスペースではそれほど多くのことができるわけではありませんので、こうした系譜学を辿ることに興味のある人には、私の本を読んでもらいたいと思います。とはいえ、パンクとサイバーパンクが共有していたものを簡単に言えば、都会の退廃した不愉快で貧乏な生活をロマンティックなものとして見せたことであり、実際の倦怠感と未来の衝撃を同じように平らにする効果を生んだことであり、何よりも重要なのは盗用の政治学と再活用されたガラクタ——消費文化のキッチュなゴミや科学と産業の壊れた残骸——破壊/転覆的な(サブヴァーシヴ)道具として利用することに対して抱いていた暗黙の信念でした。「メタル・マシン・ミュージック」と題された章では、伝説的なニューヨークの雑誌『パンク』に初期の頃のライターがこう書いていたのを引用しています。パンク・ロックは「現代の社会に“イエス”を言おうとしていた。ウォーホルのようにパンクは教養のある人が嫌ったすべてのものを受け入れた。それは、プラスティックであり、ジャンク・フードであり、B級映画であり、広告であり、金儲けだった」。こうしたパンク美学における一定の抑制——ロボット同化傾向(ロボパセティック)のある無表情(アンディ・ウォーホルが表明したロボットになりたいという欲望の『Mondo』のイコンによる回想)、タッパーウェアの消費主義と宇宙時代の楽天主義をともなった「ステップフォード」的な[☆10]郊外のニヤけた抱擁——は、サイバーパンクのディストピア主義と共鳴しながら、決して来ることのない約束の「明るい未来」をからかっていたのです。そこにある無表情で辛辣なユーモアは、『ガーンズバック連続体』でウィリアム・ギブスンがパルプSFの官僚的なファンタジーを、愛情をもって生け贄として捧げているのを思い出させます。こうした感受性は、またインディペンデント・グループ(彼らのICAでの1956年の展覧会「これが明日だ(This is Tomorrow)」は、完全なサイバーパンクの原型です)、リチャード・ハミルトンのようなポップ・アーティスト、J・G・バラードのようなニュー・ウェイヴの空想家による、ゆがんだ近代主義やジャンク・カルチャーの偏愛と重なりあっていたし、ザ・ノーマルやフライング・リザーズといったバンドにおいては神聖なものにさえなっていたのです。未来主義はもはや未来主義の形式を取らなくなっていたのです。


GL—— あなたのサヴァイヴァル・リサーチ・ラボラトリーズ(SRL)の批評を読んで気がついたのですが、あなたは、彼らをはるかに大きな運動である「インダストリアル」ムーヴメント(これもまた音楽にその起源をもちます)の枠組みに入れていません。インダストリアルの美学は、デジタル・テクノロジーと複雑な関係をもっており、80年代の典型です。非物質的なものの到来を予想しながら、それは廃棄された工場の暗闇、スクウォッティングや暴動の極端な状況、不要となった金属物の物質的な側面を賞賛しました。これはまた、ヤッピー(80年代の支配階級)の耐え難い明るさに対するディオニュソス的な回答と見ることができるかもしれませんが、あなたは、SRLの「機械主義(マシニズモ)」を告発し、彼らの「抑圧された男性のセクシュアリティ」について語っています。おそらく、彼らの観客は、ポリティカル・コレクトネス(PC)と完全な透明性の時代におけるSRLの低級なスペクタクルの暗さと汚さに魅せられているのでしょうが。


MD—— 私が、インダストリアル美学という美術史の文脈にSRLを位置付けていないという指摘については罪を認めましょう。言い訳としては、私の読者の大部分は SRLをその美学の出発点として位置づけている『RE/SEARCH』誌の必読号『インダストリアル・カルチャー・ハンドブック』を読んでいると考えていたということはありますが。サイバーカルチャーの神話的詩作——SRLの機械の破壊行為、D・A・テリエンの「コンフォート/コントロール」のサイバーボディ・パフォーマンス、インダストリアル・ダンス・ミュージック、『鉄男』から『ターミネーター』までのSF映画——が機械のイコノグラフィーを、情報社会への皮肉な隠喩として使っていることは否定できません。情報社会においては、そのテクノロジー的なトーテムであるコンピュータは表象というものに抵抗しています。コンピュータのつるつるとした特徴のない容器はとても謎めいているし、内部で行なわれている作業はあまりにも複雑でまた変化するので、それに対して想像力を組み立てることができません。こうしたポスト産業社会のエンジンを把握することができるのは、それが機械時代のへヴィ・メタルの中でイメージされるときだけなのです。

 私の考えでは、『ターミネーター2』における液体金属T-1000(移動するシグニファイアがあるとすれば、まさにこれです!)だけがこの論理が間違っていることを示し、それゆえ、われわれの今を写すより正確な鏡となっています。それは、特徴のない銀色のマネキンへと液化して、それから、それが触るものになら何であれその完璧な複製となって固まります。これは、コンピュータによって約束されている当惑するほど液状の未来を象徴的に示しています。T- 1000は、労働や商品や果ては生命組織の遺伝子コードさえも、デジタル化を経て非物質化されるということによって特徴づけられるサイバーカルチャーの不気味な肉化を見せているのです。 SRLのスペクタクルが地底人的な「ディオニュソス的な」衝撃を爆発させることで「ヤッピーの耐え難い明るさ」に対抗しているというあなたの議論、つまりは、へヴィ・メタル・マッチョを告発するよりもその解放の側面によりはっきりと光をあてようという理解について、私はこう考えます。まず第一に、あなたが引用した問題箇所は私自身ではなく、SRLに対するフェミニストの批評家の非難です。私は、単にSRLのもっているアヴァンギャルド的な示威競争におけるジェンダー・ポリティクスを批判的に分析する文脈でそれを引用したにすぎません。

 『エスケープ・ヴェロシティ』で現われる実際の文章はこうです。「しかし、ある人にとっては、マッチョ主義(マッチズモ)と機械主義(マシニズモ)の両面から同等に成立しているポーリンの美学は、自分の作品が拒絶していると彼が主張しているまさにテクノロジーの崇拝そのものを肯定してしまっている。あるフェミニストは、SRLの過剰な暴力騒ぎを“破壊様式を通じて演じられる抑圧された男性のセクシュアリティ”として非難している」。本書の中で議論しているように、私は、SRLがイデオロギーのストレート・ジャケット(犯罪者や精神病者が暴れないように腕を固定する上着)からくねくねと逃げ出す多原子価の現象だと思っています。たとえ、彼らが過剰な暴力騒ぎを楽しむために青臭いおそらく「男性の」欲望を演じているとしても(こうした本質主義的な告発には率直に言って私は困惑してしまいます)、このグループのパフォーマンスはテクノ革命のサイバーパンクのファンタジーと軍拡競争とアポカリプス的な「相互保証破壊」主義に関するブラック・コメディを演じていると思うのです。 マシン・アートについてのBBCのドキュメンタリー『パンデモニウム』で、私はSRLをピーター・パンの迷える少年たちとバーダー = マインホフ・ギャング[☆11]との交差点と呼びました。

 正直に言えば、私は、理不尽な機械の殺戮の中のSRLの混じりけのない喜びに対して興奮します。それは美術界のメインストリームにある流行遅れの俗物的な道徳性を矯正し、元気づけるものです。政治的に正しく(ポリティカリー・コレクト)ブルジョア的な精神は、われわれの罪深い文化的快楽は、「救済する質」によって価値を判断されるべきだ、と主張します。その主題とそれゆえそれ自身の救いのなさに喜びを見いだすような「おぞましい」芸術は容認することができないのです。私はSRLを「ディオニュソス主義者」とは呼びたくありません。というのもこの言葉は、私の頭の中では不幸な『Mondo 2000』、ジム・モリスン・ファン・クラブの反響とともに鳴り響くからです。「青臭さ(アドレッセント)」のほうがもっと適しているように感じられます。そして、R・クラムやロバート・ウィリアムス、あるいはジョン・ベルーシが示したように、「青臭さ」とはその逸脱が最も激しくなるところで、まさにクリステヴァの定義するおぞましいものを具体化するのです。


GL—— あなたは、ステラークの「廃墟の身体」という概念を非常に真剣に捉えています。あなたは、神経精神科医が「私はステラークのファンタジーを病理学的なものだと思います。それは、世界破壊というファンタジー——完全に孤立化したいという極端でナルシス的なファンタジーの一般的なジャンルに属しています」と言うのを引用しています。どうして、彼の哲学を精神分析しているのですか? 明らかに、テクノロジーと権力の内化が彼の作品の主題です。それを理解するのに精神分析医は必要ではありません。もし、あなたが示唆しているように、ステラークがフーコーのいう権力の理想的な主体、分析可能で操作可能な「従順な身体(ドーサイル・ボディ)」を実体化しているのだとすると、彼はわれわれに自分たちのリアリティの一面を見せているだけにすぎなくなります。あなたが実際に疑問に付しているのは、われわれの社会のアーティストの役割です。ステラークのようなテクノロジー・アートはシニカルな反社会的な傾向を強めないでしょうか? もしそうなら、まさにそのためにそれは批判されるべきではありませんか?


MD—— 実際、私が神経精神科医でジョージ・ワシントン大学の神経学の教授であるリチャード・レスタック博士を引用した意図は、ステラークのポストヒューマンな狂詩曲(ラプソディ)の病理学的な本質を暴き出すことよりも、彼が提唱しているサイボーグ・アップグレードの基本的な現実的な可能性について検討することのほうに関係しています。(私の知る限りでは)これをした批評家はいないようです。レスタックは心理学的あるいは哲学的な見地からステラークのポスト進化論のシナリオを議論していますが、彼がそれに反駁するのは技術的で医学的な見地からなのです。

 「テクノロジーと権力の内化」がステラークの永遠のテーマであることが自明だということ、そして私が、この時代のさらに電子的にコクーン化され、また人工補充物によって増強された存在によって育まれたポストモダン的な病理学である「シニカルな反社会的な傾向」にとって何かしら彼を身代わりにしようとしてきた、というあなたの指摘には、これ以上否定することはできないかもしれません。私が本の中で主張したことは、そういった点がステラークには失われているように見えるということです。彼は、彼の作品の神話解読的で記号論的な発掘に頑強に抵抗し、彼のサイバーボディのイヴェントを「ポスト進化論の」人間=機械の相乗(シナジー)の研究開発(R&D)として文字どおり受け取るように主張しています。彼は、技術用語によって彼のポストヒューマニズムの宣言をし、彼の作品の社会的あるいは政治的な解読を締めだすために「文脈抜きの」科学的な客観性に訴えようとしているのです。しかし、まさにそのイデオロギーにかき乱されない観念化や身体と機械の対立が「権力の政治」の外側で起こる、という概念そのものがサイエンス・フィクションです。真実は発見されるのと同様に構築されるものなのだという考え——すなわち、よりはっきりと言えば、中立的な価値をもった言説は文化的な前提によって色づけされている——というのは、サイエンスの最近の批評の根本的な考えなのです。

 私は、「われわれの社会のアーティストの役割を疑問に付している」のでしょうか? もちろん、私が、彼のアートの中にレーダーの覆いのちょうど下を飛んでいくようなサイバーカルチャーの密かな政治学(ステルス・ポリティクス)をステラークに対して考えるように求めているという点では、そう言えるでしょう。ここで必要とされているのは、私も以前言ったように、ポストヒューマニズムの政治学です。ステラークのアートと思考は、彼がそう思っているように、サイエンスのために伝統的に維持されてきた価値基準から自由な文化的な真空の中に存在しているわけではありません。「社会的なものに対する場所(サイト)」ではないような身体の彼のSF的なヴィジョンは、フェミニズムの身体批判、人間のバイオテクノロジーの倫理に関する継続中の議論、そしてテクノロジーの進歩と絶え間ない拡張という資本主義の退屈な談義に対するエコロジーからの批判によって隅に追いやられているのです。


GL—— 『エスケープ・ヴェロシティ』の最後の最も長い章は、「身体政治学(ボディ・ポリティクス)のサイボーグ化」というタイトルです。そこであなたは、「サイバーカルチャーにおいて身体は浸透性のある皮膜であり、その清潔さは冒涜され、神聖さは犯されている」と書いています。またあなたは、身体は「妊娠中絶の権利、胎児細胞の使用、エイズ治療やその他をめぐるイデオロギーの論争のための闘争の領域」となった、と記しています。あなたの考えでは、サイボーグの熱狂的支持者は重要な問題を見逃しているようです。オルランやクローカー夫妻は、スコット・ブカットマンが指摘したように、「危機に瀕した現実の身体」があるということを忘れているのです。もはや、奇妙な新しい身体とテクノの連結を夢見ることは不可能なのでしょうか?


MD—— このことは、『サロン』のインタヴューでハワード・ラインゴールドが、私に「ポストヒューマニズムのおかしな側面」について訊ねた質問に関わっています。ポストヒューマニズムが(少なくともいまのところ)すべてサイエンス・フィクションの概念であるということにわれわれは決して十分に思いいたることができないのですが、こうしたポストヒューマニズムの誘惑とは、身体をもたない無定位運動(キネシス)と情報による眩暈という未来像、つまりは強力な並列処理の知力とサイボーグ的な筋力というマーヴェル・コミックのヴィジョンなのです。チャールズ・プラットが彼の忘れられない小説『シリコン・マン』の中で描き出した情報形態のひとつのように再変身し、サイバースペースのフラクタルな地形を非肉体化して曲芸飛行したいと夢見なかった人がいるでしょうか? あるいは、サイバネティクス的に無茶苦茶に精神を強力にして、全ての人間の知識をその羅針盤の中に流し込み、チェンとエン[☆12]の秘密の性生活からJFKの頭蓋骨の傷口の穴、果てはアインシュタインの脳の神経細胞まで飛び跳ねることができたら、といった考えに魅せられなかった作家がいるのでしょうか? 私は、特にO・B・ハーディソンの崇高な、あまりにも寂しいヴィジョンに心を奪われています。それは、その『天窓を抜けて消えていく(Dissapearing Through the Skylight)』の最後で描かれる、人間の意識が遠い無人観測宇宙船にダウンロードされて、ソーラー船に乗って無限の縁を飛行していくというヴィジョンです。しかしこの崇高さの代償は何なのでしょうか?

 プラットが描いた、自分自身の意志に反してダウンロードされ、自分が二度と自分の妻や子供を自分自身の手で抱きしめることができないコンピュータ・メモリーの電子の雲だと気がつく男の痛々しく悲しい記憶は、これまで私にずっと取り憑いていました(左翼知識人はその雲を逆境のなかの希望の光として見ることができる……んですよね?)。


GL—— 多分、サイバーカルチャーにおける流言と誘惑的な像の第一段階が終わろうとしつつあります。しかし、いまなお、われわれは誘惑に潜む法則を理解し、欲望の経済を否定しないようにする必要があります。多分、問題はサイバーカルチャーのはっきりとしない社会的経済的位置にあります。それはマスカルチャーの一部でもなければ明確に支配階級に政治的に敵対しているわけでもありません。このことは、ファンタジーの過熱しすぎた経済、指示対象のない記号の生産のための空間を残しています。あなた自身、エクストピア主義者のようなカリフォルニアのテクノ超自然主義の白日夢をまじめに受け取るべきかどうか決めかねているようです。その一方で、あまりにも多くのサイバーな予測の土台を作っている「第三の波」の経済という『ワイアード』的なヴィジョンをどの程度まじめに受け取っていますか?


MD—— 私は、知的恍惚にあるニュー・エイジの予言やこのインタヴューで語ってきたじわじわと増えつつあるサイバー資本主義者を、権力のジョイスティックを握っている人たちが受け取っているのと同じくらいに、真剣に受け取っています。私は、こうした考えが重要であると信じ、企業の権力者がギングリッチ=トフラー的なレトリックをまじめに受け取り、それにしたがって経営戦略を立てているという程度には、『ワイアード』に媚びられ略歴が紹介されている自由放任主義の未来主義者たちを、真剣に受け取るべきだと実際に信じている、救いようのない知識人まがいのひとりです。より多くの政策が企業のロビイストによって作られるにしたがって(最近では、その内の何人かは文字どおり、彼らの不正資金——いやいや、キャンペーン献金が買収した法律を書くことを要求されてきました)、誰が企業の権力者の耳元で囁いているのかという問いが、われわれにとってもどうでもいいことではなくなっています。あの不便な「第二の波」の迷惑の元凶だった国家という規制の象徴から解き放たれた多国籍企業の画一的な慈悲に自分たちの未来をまかせたくはないのです。

 私は『ワイアード』をルパート・マードックのメカゴジラ版だと思っているのでしょうか? そうではありません。しかし、経営者の導師(グル)トム・ピーターズは最近では『ワイアード』の編集者でミーム的な哲学者であるケヴィン・ケリーと同じ調子の曲を歌っています。ジョージ・ギルダーもそうです(キーこそ違いますが)。そして彼らのあごの外れるような公演料からも企業文化がピーターズやギルダーを非常に本気で受け取っていることがわかります。明らかに、国家をほとんどなくなるぐらいまでにダウンサイジングするという『ワイアード』的な自由放任主義的ヴィジョンが役員会議室や都市生活者の内部の耳を捕らえています。このことが、——今日の遺伝子の比喩を使えば、身体政治学(ボディ・ポリティクス)におけるレトロウィルスと同様に——私の中にこうした考えを真剣に受けとめる価値があると思わせるのです。


■原註
★1——Mark Dery. Culture Jamming: Hacking, Slashing and Sniping in the Empire of Signs. Open Magazine Pamphlet Series, 1993.
★2——Mark Dery (ed.) Flame Wars: The Discourse of Cyberculture, Duke University Press, 1995.
★3——Mark Dery. Escape Velocity: Cyberculture at the End of the Century, US: Grove, UK: Hodder & Stoughton, 1996.[邦訳=角川書店より
■訳註
☆1——人間と機械の過激な融合をポストヒューマニズムとして唱える,ロサンゼルスの雑誌『エクストロピー』を中心とした人々.
☆2——Degirati=Degital+Literati(知識階級)からなる造語.
☆3——ハキム・ベイの用語.この用語によって,彼は恒常的・永続的に自律した自由空間の代わりに,一時で消滅することを前提とした自律的空間を組み立てることを提唱している.
☆4——『ワイアード』の編集者ケヴィン・ケリーの本のタイトル.
☆5——アメリカのカーニバルや村祭で人気のアート.紙を回転盤に固定し回転させながら上からいろいろな絵具を垂らして作る,サイケデリックな渦巻状の抽象画.
☆6——Day Glo=Day Glow.蛍光色を用いた60年代的グラフィックス.
☆7——アメリカで人気の子供テレビ番組『マイティ・モーフィン・パワレンジャー』(『ゴレンジャー』の外国向けリメイク)の中で主人公が変身するときに使われるCGのタイポグラフィー.
☆8——原文は“the strip mall finds its own uses for things, too”で,ちなみにもとになったギブスンの一文は,“the street finds its own use for things”.
☆9——テクノロジー,文化,エコロジーと政治の問題を論じているカルチュラル・スタディーズの論者.プリンストン大学で英語とカルチュラル・スタディーズを教える.『ストレンジ・ウエザー』の他の著作に No Respect: Intellectual & Popular Culture (Routledge, 1989),共編に Techno Culture (University of Minnesota Press,1991).
☆10——郊外生活を描いたブラック・コメディ映画『ステップフォードの妻たち』で見られるような.
☆11——70年代ドイツの極左グループ.
☆12——19世紀のアメリカのサーカスにいた有名なシャム双生児.

(マーク デリー・批評家/ヘアート ロフィンク・メディア論/
訳=もうり よしたか・カルチュラル・スタディーズ)

[ホームページ・リンク]
http://markdery.com/



Search
Follow us
CJharpo Movie


  • 2010.2.27 反新宿署!高円寺路上大パーティざまあみろデモ 【予告編】


  • 覚せい剤撲滅プロパガンダ 東映編


  • 2006/9/16 家賃をタダにしろ!中野→高円寺一揆!予告編


  • 家賃廃止要求デモ!

Favorite
LOADING...