Intellipunk Archive

ジェーン・バーキン、RLLにTシャツ制作を依頼???!!!

9577731.jpg


「アウン・サン・スー・チーさんは死んで よく売れるTシャツの絵柄になるでしょう」



ジェーン・バーキンの新譜「冬の子供たち」に 収録されている「アウンサンスーチー(Aung San Suu Kyi)」。(制作:アムネスティ・フランス支部、提供:アムネスティ日本) ミュージッククリップ見て下さい。



RLLに依頼ではなく、日本の人にもビルマ(ミャンマー)のことに関心をもって欲しい、スーチーさんの解放への支援を欲しいということみたいです。


日本の皆さん、あなたがたは世界から尊敬も友情もそそがれる民主主義の国の人です。しかも、軍事政権下にあるビルマ(ミャンマー)と非常に深い関係を持っています。そういう日本が、ビルマの人たちを助けるために何をするのか、それとも何もしないのか。どちらにしても、ビルマへの影響はとても大きいのです。世界中があなた方の行動を見守っています。―――ジェーン・バーキン



詳しくはビルマ市民フォーラムのブログで。

http://pfbkatsudo.blogspot.com/2008/11/blog-post_28.html


アムネスティからも支援できます。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1506





JaneBirkin.jpg

アウン・サン・スー・チーさんが亡くなったりする前に、今年もうTシャツを作って支援してるんは、心の兄貴いとうせいこう。
Tシャツはもちろんジェーン・バーキンも着用済み。


いとうせいこう公式ブログでフリービルマTシャツを詳しく
http://seikoito.ameblo.jp/seikoito/theme-10006238216.html
Tシャツで支援先は、ビルマ民主の声 Democratic Voice of Burma
http://www.dvb.no/
カタログハウスの、いとうせいこうフリー・ビルマTシャツ通販ページ
http://www.cataloghouse.co.jp/cat_order/tsuhan/burma/index.html






おまけ。
TシャツデザインはUNDER COVER。
ジョニオもゲバラやRATMに影響を受けたり政治的にパンクなところがあったりしますね。そのジョニオが以前スタイリングしたおり、パンクを感じたと、どっかの雑誌で語ってたのは沢田研二。

こちらはジュリーの「我が窮状」たしかにパンクかも。

 
 

 

 

 
 
 



最後は、あつあつのゲンズブールとバーキンで、じゅて〜む

おやすみなさい。


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Dec 03, 2008 12:44 am

もっと色々見たい、読みたい!!ということで

RLLの自分以外二人とも書かないので、書かせてもらおうかな。


riddim.jpg


今出ているRiddim(Pushimが表紙のNo.308)で荏開津広さんがRLLのことを紹介して頂いてます。RING Ring Ringというご自身の連載ページで【RLLとミスター・カトラの巻】ということで、バイレファンキのミスター・カトラと連続で。いやー素直に嬉しい!

「幾つか思いついたように眺めるブログがある。その内のひとつがRLLのブログ」として、恐縮にもRiddim誌上でRLLのマニフィストを全文引用して頂いて!太っ腹な紹介ありがとうございます!!





EGAさん!読んでたらうれしいな!
まじずっとファンとして陰ながら文章拝読させてもらってました!!!!!

荏開津広を音楽ライターとして認識したのはいつの頃だったろう。気が付いた時には『routine』聴いていたな。クラブで音楽を聴きながら各種雑誌で、氏が書くアンダーグラウンドだった日本のスカやレゲエやラップシーンの紹介、ルーツロックレゲエやオールドスクールやブリストルシーンの解説、UKダンスカルチャーやブラックカルチャーやグラフやサブカルの情報を、若い頃はいつも食い入るようにチェックしていた。EGAさんのDJで青山mixで踊ったし、まだ江古田にあったDISC SHOP ZEROのイベントでは客が少なすぎて前でバカ踊りしたこともありました。残念ながら以前翻訳した小説は未見だけど、Riddimの記事はもちろん今でも読んでます。

個人的には、ずっと正体を明かさない事情通の雰囲気で、コスモポリタンで小洒落たかっこいいイメージのテクストを紡ぐ人だって認識。代わりになるライターが想像出来ないくらい独特の切り口の、いい意味でスノッブ語彙と豊富な知識が実際の音とかけ離れてなくて、フェイバリットな音楽ライターで。SOUL SETの「自由についてのアナーキスト」ってEGAさんなんですか?
やっと今年3月のネグリ未遂の芸大デングリイベントでご挨拶できた程度でした。


あー未発表のTシャツでEGAさん好きそうなデザインあるんですけどポトラッチしてもいいすかね?


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Nov 15, 2008 10:11 pm

カルチャージャマーとして、ぐっとくる

http://www.nytimes-se.com/

NYtimes.jpg

イラク戦終結、ブッシュ氏訴追?=本物そっくり偽新聞120万部−NY
11月13日6時49分配信 時事通信

 【ニューヨーク12日時事】「イラク戦争終結、部隊帰還へ」−。米ニューヨークのマンハッタンなどで12日、こんな見出しのニューヨーク・タイムズ紙「特別版」が大量に無料配布された。といってもその正体は左派系活動家団体が制作した精巧な偽物。準備期間6カ月、発行部数120万部という大掛かりなプロパガンダだ。
 特別版は計14ページ。「活字にしたいすべてのニュース」を標語に掲げ、一面で戦争終結を「報道」。日付は来年7月4日で、リベラル志向のオバマ上院議員の大統領選勝利を踏まえ、天気予報欄に「今夜、強い左の風」と記載する念の入れよう。紙の質感や構成も本物そっくりだ。
 このほか、イラクに大量破壊兵器はないと知りながら開戦のため情報を改ざんしたとして、「ブッシュ前大統領」が国家反逆罪で起訴されたなどとする記事も掲載。社会、経済問題でも、急進左派勢力の主張実現を伝える「報道」が並んだ。






偽NYタイムズ紙、「イラク戦争終結」と伝える
2008年 11月 13日 09:57 JST

 [ニューヨーク 12日 ロイター] ニューヨーク市やロサンゼルスなどで12日、1面に「イラク戦争終結」の記事を掲載した偽物のニューヨーク・タイムズ紙120万部以上が配られる出来事があった。
 新聞は2009年7月4日付で14ページつづり。以前にも世界貿易機関(WTO)当局者になりすまして、WTO解散を発表したことのある「イエス・マン」と呼ばれる集団による仕業とみられている。
 ニューヨーク・タイムズ(NYT.N: 株価, 企業情報, レポート)のスポークスマンは「新聞は偽物であり、現在調査をしている」と述べた。
 偽新聞のウェブサイト(www.nytimes-se.com)が発表した声明では、「オバマ氏や他の民主党員には、われわれが彼らに期待して選出した通りのことをしっかりしてもらわないといけない」などとしている。


こっちが以前話題になったプロジェクト
「YES MAN」
http://www.theyesmen.org/hijinks/tampere/index.shtml
http://www.veoh.com/videos/v625744542f6hWYH?rank=16&
偽WTOページプロジェクト!
本物:http://www.wto.org/
偽物:http://www.gatt.org/

http://www.moviecitynews.com/arrays/media/2004/yes_men.html
WTOをコメディータッチで痛切に批判したドキュメンタリー映画。
監督:クリス・スミス/ダン・オルマン/サラ・プライス
出演:アンディー・ビックルバウム/マイク・ボナンノほか
(全米9月24日公開/ウェルスプリング・メディア作品)
反企業活動家マイクとアンディは世界の会議から会議へと旅をする。彼らはWTOフィッシングサイトを使いWTO役員のふりをして、世界の飢餓救済を訴えたりするという異色ドキュメンタリー。「ニセもの」とは誰も気づかないで、彼らの講演を聴くということらしい。






New York Timesはちょっと嫉妬するぐらいの情熱とバカバカしい仲間との共同作業の結集だね!
WTOのときよかセンスと完成度上がってるから、各メディアも無視出来なくなってるのかも。
サイトの方もかなり作り込んであって、完全にトーンマナーをトレースしてますね。

なによりいいのは、BANKYや赤瀬川はやっぱり孤独だけれど、こいつらジャッカスのりのダチとの〈コモン(共)〉感があって!!
やーRLLひとりで始めないでよかったわー

そういや、こんなのも動き出してますよ。
本家http://fffff.at/
分家http://tokyo.fffff.at/



そうそう、これが見たい。

あの1999年末にWTO会議を頓挫させた伝説の’Battle In Seattle’劇映画!!!


2008年9月19日(US)
スチュアート・タウンゼント監督作。
1999年にシアトルで開かれたWTO閣僚会議の反対運動を描く群像劇。

‘Battle In Seattle’オフィシャルサイトhttp://www.battleinseattlemovie.com/






この’Battle In Seattle’も先日NYで見てきた、いるといらのNYの最新〈文化〉=〈政治〉レポートイベントがあるよ。


いるといら、ニューヨークへゆく。
アクティヴィスト・イン・ニューヨーク
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2008/11/blog-post_12.html

ill_ira_ny_flyer.jpg

いるといら(イルコモンズとIRAの成田圭祐)は、今年の9月下旬、EXIT ARTギャラリーでの「Signs of Change」展に参加するため、経済危機と大統領選でアタフタするアメリカ・ニューヨークを訪れた。
ガイドブックには載らないオルタナティヴ・スポットを、現地のアクティヴィストや、『ニューヨーク列伝』の著者である高祖岩三郎氏にガイドしてもらいながら、まいにち早寝早起きして駆け回った一週間を、写真や映像とともに報告。
Josh MacPhee (Just Seeds) のポスター展も同時開催。

[日時] 2008年11月23日(日) 19時
[場所] 高円寺・素人の乱12号店
[料金]無料+投げ銭 
小田マサノリ(イルコモンズ)
成田圭祐 (IRREGULAR RHYTHM ASYLUM)

▼この、いるといらNYフォトガイドがマジ面白い。
nyfg.jpg


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Nov 14, 2008 12:21 am

大統領と踊ろう♪



3分25秒あたりから出てくるのがバラックさん。
ソウルトレインで華麗にステップを踏む、ファンキー大統領ならぬクール・ダンス・プレジデント!
ダンスと同じでクールでスムースな政治スタイルは、白人受けいいでしょうね。



彼は黒人といっても、母親は白人のハーフです。

PC的にはアフリカ系アメリカ人と言うべきかな。
肌の色わけという人種主義自体が、植民地主義の中で近代以降に創られた自己弁護的トンデモ概念ですね。白人が有色人種を奴隷に出来る方便だったわけですが、そのあたりはフランツ・ファノンを参照のこと。
人種差別助長をさせるジム・クロウ法は各州に偏在していました。例えば1924年成立のヴァージニア州法「人種の統一性を保存する法律」では、祖先にコーカサス人種以外の血が一滴も混じっていない者のみを「白人」としていて(別名ワンドロップルール)、異人種間の同居も違法でした。それらはリンカーンの奴隷制度廃止以降、地域ごとに決められた過去の産物で、現在では公民権運動によってようやく消えたのでした。

しかし今回の黒人大統領というトピックも、疑似科学な人種本質主義者の根強い蔑視が露呈した感がありますね。





Yes We Can


さてこちらは逆に現在アメリカ13州で非犯罪化された例の問題。
こちらも奴隷同様に解放して欲しいですね。


好戦的なチンパンジー大統領からクールダンス大統領に変わって、これからの時代がよくなるといいですな。


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Nov 06, 2008 10:55 am

来るべき民主主義へ

「民主主義」と「政治的なもの」を勉強しませう。


Mouffe.jpg
『政治的なものについて』シャンタル・ムフ 明石書店
http://www.amazon.co.jp/dp/4750328197
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20081014bk06.htm
http://kazuyaserizawa.com/transynodos/?p=10


Jacques.jpg
『民主主義への憎悪』ジャック・ランシエール インスクリプト
http://www.amazon.co.jp/dp/4900997188
http://book.asahi.com/review/TKY200809230080.html





ちがいがわかってる皆さんのブログ。考えさせられます。


九州帝國ブログ板「フリーターの引力」
http://blog.livedoor.jp/hesalkun/archives/51531975.html

mukofungoj ĉiuloke 「ただ歩くということ」
http://autonome.blog7.fc2.com/blog-entry-23.html

無産大衆「合法マフィアはくたばれ」
http://d.hatena.ne.jp/madashan/20081028/1225214922

回虫「しかし、それでも日本は民主主義国家だと無邪気に信じている人々のなんと多いことよ!」
http://d.hatena.ne.jp/tzetze/20081029/1225161960

過ぎ去ろうとしない過去「「デモ」と「ただ歩くこと」」
http://d.hatena.ne.jp/hokusyu/20081027/p1


麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログ
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/



「条例や法律」と「憲法」、「逮捕」と「その条件」を順番取り違えて無限円環に陥っていると、民主主義は見えなくなるぜ。

デモクラシーのためのデモンストレーションとしての存在と、政治的なるもの(司法・行政・立法・警察)の恣意的な政治(届出制度や逮捕特権についての権力)について、「無届けだから逮捕当然」というショートカットした無能な回答は、民主主義を無自覚に殺している。


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Oct 30, 2008 10:42 am

ゲットした本とか

oruta.jpg
『オルタ』2008年9・10月号 PARC

K8.jpg
『K8 vol.8』こだま屋

memai.jpg
『後期近代の眩暈(めまい)—-排除から過剰包摂へ』ジョック・ヤング 青土社

anokoro.jpg
『あのころ、ぼくは革命を信じていた —-敗戦と高度成長のあいだ』大牧冨士夫 編集グループ〈SURE〉

gachinou.jpg
『がちんこ農業生活』そがしんいち ブルース・インターアクションズ

hanbunka.jpg
『日本反文化の伝統―流行性集団舞踊狂の発生根拠としての』上林澄雄 エナジー叢書

kajoushakai.jpg
『過剰社会の想像力-近代デザインの呪われた部分』小野雄一 弘文堂

rizo.jpg
『エピステーメー:創刊二周年記念・十月臨時増刊号:リゾーム』 G・ドゥルーズ/F・ガタリ 朝日出版社

goui.jpg
『合意形成、その促進そして解放 —-合意形成プロジェクト』ロックダブコレクティブプロジェクト poetry in the kitchen翻訳部

nyfg.jpg『new york photo guide』遊動社


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Oct 27, 2008 10:11 pm

「オレのチャリを返せデモ写真集」と「Tokyo Book Fair #3」

去年は、ラジオ「かくめい生活研究所」にもゲスト出演していただいた、アーチストで写真家の富永剛総さんのweb写真集が、リトルモアとBCCKS共催の「写真集公募展」の中でアップされました。
なんとプライベート版しか流通していなかった伝説の『オレの自転車を返せデモ!!』写真集が誰でもWebで観られるなんて!!!

これはまだ知る人ぞ知る状態だった勃興直後2005年8月、素人の乱関係では最初の、もっともハードコアでフレンドリーな時代の貴重な記録。2トン車にバンドセットとDJ機材が詰まれ、当時異常にアナーキーだったのが伺えます。写真も被写体と対等な強度ですばらしい。とくに陽光くんのトラメガを携えたテンションの高い見開きはグッときます。



http://bccks.jp/bcck/info/19844?viewer
「このデモからどの程度の時間が経ったか、伝えるすべを持たないが、今でも私は、素人の乱の松本 哉、山下 陽光、スタジオDOM、そして、RLL、電話で呼びかけたら、自転車で駆けつけてくれた澤田 純に、大きく感謝している。」と謝意を頂きました。こちらこそzine用に写真を使わせてもらったり毎回感謝っす!








それと「Tokyo Book Fair」のためにIrregular Rhythm Asylumに残りわずかのzine[E/M]を数部卸しました。これを逃すとネグリTシャツ(ご注文は承ってますが、Webアップが遅れています、今年中には…すみません。)につくおまけ分しか残っておりません!!

今回で3回目になる「Tokyo Book Fair」はD.I.Y.のジンや本が中心のブックフェア。去年は終わってから駆けつけた思い出がありますが、今年はちゃんと26日に覗きに行って「I am PMS!!!」Tシャツの営業もできたらなーと思ってます。
興味ある方ぜひ「Tokyo Book Fair」お越しください。



tokyobookfair3_+flyer.jpg

Tokyo Book Fair #3
We sew words, and we are connected.
ことばを縫う。そして私たちはつながる。

2008年10月25日(土)~26日(日) 1:00pm~10:00pm頃まで

@ poetry in the kitchen
東京都文京区水道1-2-6 タトルビル2F
TEL:03-3812-6434
FAX:03-5684-0139
Email: poetryinthekitchen(at)y5.dion.ne.jp
http://tokyobookfair.blogspot.com/


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Oct 22, 2008 11:56 am

ディストピアな

先日のラジオの備忘。

●『監獄ビジネス–グローバリズムと産獄複合体』アンジェラ・デイヴィス
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/5/0224870.html

●『要塞都市LA 増補新版』マイク・デイヴィス
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%CD%D7%BA%C9%C5%D4%BB%D4%A3%CC%A3%C1%A1%A7%CC%DC%BC%A1
http://www.amazon.co.jp/dp/479176434X/

●『後期近代の眩暈(めまい) 排除から過剰包摂へ』ジョック・ヤング
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B8%E5%B4%FC%B6%E1%C2%E5%A4%CE%E2%C1%DA%F4
http://d.hatena.ne.jp/matsuiism/20080911

『現代刑罰国家の生成とその〈外部〉–米国不法移民の日雇い労働=生活世界–』
http://ca-mp.blogspot.com/2008/09/talk-1006.html
●『路地裏の身体文化』田中研之輔
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_d97a.html
関連
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/sensingcities-2.html

●『ルポ 貧困大国アメリカ』堤 未果
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0801/sin_k395.html
関連『アメリカばんざい』http://www.america-banzai.com/

●『新しい貧困–労働、消費主義、ニュープア』ジグムント・バウマン
http://book.asahi.com/review/TKY200809300097.html

『ショックドクトリン――災厄資本主義〔ディザスター・キャピタリズム〕の台頭』ナオミ・クライン
http://democracynow.jp/submov/20070917-1

ヤバい裁判員制度
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/8e2558afdb37d497aae9a00efcfa6c4c
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/101077f32fd7ca24dd31a539284adf2c


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Oct 16, 2008 11:07 pm

PhotoSession

未発表の新作のためのフォトセッション!

表示
表示


詳しくは来月にはお伝えできるかな。まだ秘密のプロジェクトです(と勿体ぶってみる)。


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Oct 03, 2008 12:19 am

自由形態の詩

ダチと楽しめツレと悦楽に浸れ、「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ」という新しい態度。
もしくは、新しい社会運動ともいわれる「文化=政治」的一群。たぶん無自覚だったのが自覚的になった。
これは、以下の流行りの態度との差異化によって結びついた新しいソーシャルの群れの中から生まれた。昔ふうにいうと文化の前衛、いい意味で。




ストイシズムの狂気、倫理潔白な純血主義の歪み、いわゆる「反大きな政府/反官僚制/反福祉」「自己責任論」「異質(マイノリティ/サバルタン/マイナー)の排除」「免罪をも畏れぬ死刑渇望」「犯罪に対するヒステリックな他者への断罪」という、最近の国内のネットの主流反応。Dハーベイに云わせるなら、新自由主義とそれを補完する役目を果たした新保守主義、つまり「小泉」→「安倍」そして「麻生」という内閣の意図をそのままトレースする思考法。

これに正反対に思考をシフトさせた、元自由主義者や元リベラルや元郷土主義者や元エコロジストや元ソウシャリストや元サンジカリストや元労働組合や元マルクス/レーニン主義者や元ラディカルや元アナキストや元ヒッピーや元無頼や元パンクスや元作家や元芸術家や元やくざものや元性的人間や元フェミニストや元遊び人や元普通の人…有象無象である。ネグリの云うアレらである。マイナーな多様性をそのまま特異点としてもったメジャーじゃない人々。


つまりは、右派の前衛と後衛の補完関係に対応する。RLLがハイエク障害と名指す精神分析リバタリアンでネオリベ・スピリチャルで金融市場原理主義でスペクタクル労働観でギャンブル的でありながら防衛本応の強い拝金保険主義と、靖国史観や中国軍事脅威論や応酬主義的厳罰主義や小林産経マニアや歴史修正主義や改憲軍事主義や懐古保守主義やミソジニーのアマルガムに絡まったあの群れ。(遺伝子生命工学やメトロセクシャルぐらいしか対立軸を見いだせない住み分けされた先鋭としんがり)それは二重のすりガラスが日光を通し空間を演出するように、ここ10年の世間と世論と時代を創作してきた。


それ以外の残りのマイナーな人々は、その演出された時代空気に居逢わせて、合わせて自らも変わらざろう得なかった。グローバリズム(商業資本/移民/金融)とポストフォーディズム(脱工場労働)と高度消費社会とIT化の大きな流れに、あるものは、その勢いに飲まれ、ネオリベNGOや軍事リアリストへと吸収されたのも居た。まだ古くなった岩礁でマントラを唱える左翼もいるだろう。だが大方は小船に乗れているだろう。昔のようにセクトの巨大ノアの箱船に乗らず、有象無象はそれぞれにボートを用意し、助けあいながらてんでバラバラに時流に乗ってきただろう。


あの先頭集団の狂信的な回転速度と狂気とも云える狡猾さは全て売ろうとする。その歪みからくる不安の解消を新保守主義は、旧主派へ向ける。

呪われた部分で商売する。セレブは無尽蔵の資産を放蕩しても一向に幸せにならない。みな商品とサービスのシャブ漬け物。

悦楽(快楽ではない)と愛(ポリセクシャル的)の無いあいつらの世界から逃げ出すように、仲間のネットを広げる。友愛のリゾーム、もしくは関係の詩学。
たぶん音楽をたくさん聴いて映画も観て本も覗いて美味しいものも食べて恋をして笑うのが好きな界隈に居る。ここは気持ちいいよ楽しいよ。ちょっと不安だったりシンドイときもあるけれど、そんなときもお酒を飲んでるよ。いまは酔っているよ。


  • Intellipunk
  • Tag:
  • By intellipunk / Sep 29, 2008 10:00 pm

Search
Follow us
CJharpo Movie


  • 2010.2.27 反新宿署!高円寺路上大パーティざまあみろデモ 【予告編】


  • 覚せい剤撲滅プロパガンダ 東映編


  • 2006/9/16 家賃をタダにしろ!中野→高円寺一揆!予告編


  • 家賃廃止要求デモ!

Favorite
LOADING...