未分類 Archive

シミズ キよトからの手紙

今年もっとも刺激を受けたネオビートニクな友からの書簡を公開する。
2015年のぼくからのクリスマスプレゼント。

このメッセージくれていたのは7月、ありがとう!天才キよト!
かれはサルバドールから年末に帰ってきた。
帰って来れなくなるんじゃないかとドキドキしていたので、いまはブラジルで書かれたこれら言葉が、ちょっとした奇蹟の残り火にも思える。

この他に中編『SF サイバーパンク憂国』(児童文学)と短編『サルバドールの野獣』『ポケットの中の15ユーロ』を書いている。もっとあるのかも。

もっと賭けをしながら書け!



シミズ キよト

新しい頭に新しい針を落とそう。地球が動き出すぞ。


元気かい。

海外の危険地帯に行きのバス代のお金だけもって、
初見の景色を見ながら、一切相手国の言葉を覚えることを拒否して、
何処か知らないもう降りたらバスの乗った所のバス停名も分からないので、
どうやったら無銭でそんなどっか遠くから帰って来れるかみたいなのにハマってしまっている。

自分でもどうしようもない。ハマってしまっている。
適当に歩きまくり、いいヤツとジェスチャーで仲良くなり一期一会でネタをご馳走になる。
でもみんなサルバドールのイキが良いのは自分より遥かに若い10代とか。
自分と同じ歳ぐらいはみんなギャングで遊びがなくて真面目に危険でハッピーじゃない。
危なければ危ないほどそこでぶっ飛んで動けなくなって倒れて寝ると、みんなハッピーになる。という結構不思議なことがある。
クラック中毒で終わってるヤツがいるんだけど、
そいつと遊んだ時、
どうやらそいつは家があるらしいのに、
家で寝ない。帰れないんだ。
それで、道の脇の下水が流れる網みたいなのをサクッと開けて、
そこに何を隠しているって、ペットボトルなんだよ。
で、水を飲んでまたギャギャー車のタイヤとかに話しかけながら車を磨いているんだけど、
お互い言葉を喋れないんだけど、
日本語を永遠と話しかけても聞いてくれて気にしないのはそういう人らだけで、とても文学じゃなければ表現できない感情が溢れてくる時がある。目があってしまった時とか。

で、何とか無銭乗車したりして帰宅したり繰り返す。
自分の心の宇宙の果てみたいなのはワクワクする。
中学の時に戻ったみたいでヤッパリ、こういうトランス聴いたり、パラダイスガレージやデビッドマンキューソー聴いて頭がもうもうグチャグチャのグチャグチャになって野原でションベンをチビるみたいなのが止まらない。

蛆を培養させて食うのに飽きたので、市場のゴミを拾ったり池で魚を釣ったりしている。

コレが子どもの頃からしたかった椎名誠的なことなのかとも思ったりしている。

そっちは相変わらずカッコよくパン焼いてる?
一緒に遊びたいよー!!

コッチの野外に潜り込んで、カッコいいDJ見つけたから送るよ。
この録音の時にパーティー会場にいてよかったよ。多分コッチの主流の音だと思う。会場にアーミーがいてショットガン持って警備しながらパーティーするんだよコッチは、でないと死人が出るから!

https://soundcloud.com/progcarmezim/carmezim-dj-set-aurora-13-pro-dia-nascer-feliz





真っ赤に流れ出る血を目の前でみた。
一緒に並んで歩いてた友達が撃たれた。

みんな関わりたくないからポリスと叫んでも逃げて行く。
無力感を味わった。
カンドンブレが警官に憑依して取り調べをしてくれない。

多分、あかるくなるんだよw

ありがとうオブリガード



【報告】ええかげんさらせ!ケーサツ!仲間を返せデモ!in 大阪

「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」不当逮捕された仲間たちにいち早く態度で「連帯」を表明してくれた大阪の志賀ちゃんからの報告。
2

9月18日に大阪のミナミで反警察、反弾圧、反原発デモがあった。このデモは、9月11日に新宿で行われた原発反対デモで、参加者12名を不当逮捕した警察への抗議だった。急きょのデモだったけど、60人ぐらいは集まった。とにかく、いつにないぐらい、この日のデモは怒ってた。特に、過剰警備や弾圧を繰り返す警察への怒りは大きかった。

日本のデモってのは、本来のデモって呼べるのわからないんだけど、デモするのに、毎回、警察署へ行って、デモ申請をしないといけない。さらに、交通課のオマワリに「あーだーこーだ」言われながら、地図を見ながら、デモコースを事前に決めさせられる。
 世界中どこ探しても、デモするのに、いちいち、警察署へ行って、デモ申請する国なんか見たことない。デモってのは本来、申請なんかしないで「あの政治家なめてる!」とか「ふざけんな権力者!」いって、人がざわざわ集って歩き出したり、警察に許可なんか出さずに好きな道を好きに歩き、道路封鎖したり、座り込んだり、たき火をしたり、これって祭りじゃねーかってのが、世界のデモだ(独裁的な国だと自由なデモは厳しいが、そんな独裁をぶち壊そうとしてるのが現在の中東や北アフリカ諸国のデモ!)。日本のデモみたいに、四方八方を警察に囲まれてデモする国なんか、見たこともないし、聞いたこともない。ちなみに、60年代、70年代の日本のデモはデモ申請なんかしてなかったらしいから、うらやましい。それだけ、ここ数十年の日本ってのは、徹底的に法律で管理されている。

国にもよるが、欧米なら、デモ中に逮捕されたら、大体、1-2日ぐらいで出れる。悪名高いイスラエルですら、裁判前は24時間しか留置場へ入れてはいけないことになっているらしいから、23日間とか留置場へぶち込む日本ってのは、本当、鬼か、ファシストとしかいいようがない。人殺しの戦争や、人間や動物が住めなくなる原発に反対するだけで、檻の中に十数日から23日間とかぶちこまれたり、大阪の釜ヶ崎じゃ「選挙に行かせろ!」いって、4ヶ月近く檻の中って、本当にありえない。

そんなこんなで、今回のデモ申請者に車両許可を取ってもらうのが遅かったため、サウンドカー(音響設備を載せた車)が出せなかった。大阪は、トラックの荷台にDJを載せる場合は、1週間以上前に荷台乗車許可を取らないといけない。さらに、一人しか荷台に乗れないことになっている。機材がトラぶったりして、トラックに2人乗ろうものならすぐさま、警察が飛んできて、「逮捕だー!逮捕だー!」とヒステリックに怒鳴り散らされる。

そんなわけで、今回は、車両申請する必要のない台車にサウンドシステムを積むことにした。台車式サウンドシステムは、今回が初めてだったが、見事に大成功だった。普段、サウンドカーが入れないアメリカ村の中へ入れたり、けっこう、小回りが利いた。私は、大阪に来て、リヤカー式サウンドデモを何度かやったが、リヤカーは車両扱いされて申請しないといけないけど、台車は、関係ない。徹底的な管理にも、必ずどこかに抜け穴はあるなぁーと実感できた。

4
▲台車式サウンドデモ

この日のデモは、参加者は少なかったが、とにかくみんな、警察のデモへ対する過剰警備や、新宿での不当逮捕への怒りが大きかった。さらに、難波駅前あたりで、デモを妨害しようとしてきたレイシスト集団「在日特権を許さない会」への怒りも大きかった。

大阪の街に、爆音のビートと「仲間を返せ!弾圧反対!」の叫び声が、ぐるぐるぐるぐる響いていた。インカムから流れる命令が聞こえなくなった警察たちは、苛立ち、音を下げろと叫んでいた。

おいおい、そうは問屋が卸さない!オマワリが、自分自身の魂の声に従い、あんたらが足を洗うまで、いつまでも耳元で叫び続けるぜー!

ALL COPS ARE BASTARD!!仲間を返せ!!オマワリ帰れ!!

3
▲デモを妨害する在特会と機動隊

5
▲モッシュ!モッシュ!モッシュ!

文章:志賀直輝
写真:kasiwabara motosuke

▼号外!!! 
tumblr_lrrrro2EOa1r3wn9ho1_500



デモ隊の諸君!!君達は路上の花だ!!

デモ隊の諸君!!君達は建設的な人間だ!声をあげるのだ!廃炉のあとを花でうめよ!汚染されている悲しみを繰り返してはいけません!私達には未来がある!なければならない!


9.11原発ヤメロ!!デモ 新宿アルタ前 いとうせいこうさん



 踏みにじられた、路上の花々。

 昨日の反原発デモで連れ去られた友人の顔を一人一人、静かに思い出してみる。今、留置所でどんなことを考えているのだろう・・・・ 届けることができるのならば、この言葉を届けたい。



「夜のなかを歩みとおすときに助けになるものは橋でも翼でもなくて、友の足音だ。」  

                          W・ベンヤミン  


  • 未分類
  • Tag:
  • By ∞+∞=∞ / Sep 12, 2011 11:22 am

刷り込み教育が重要

14日の読売新聞朝刊の石原慎太郎インタビュー
ishihara

全体的に発言が酷いんだけど、「町でおまわりさんが困っていたら、子供でも助けましょう」って意味不明過ぎ。



超御用学者 ダメ。ゼッタイ博士

ついにカネが尽きた。

こうなることが内心わかっていたくせに、大丈夫、安心です、と無根拠に言い聞かせていた自分の中の東電体質を恨もう。いや、その前にちゃんとハローワークに行こう。

久しぶりのハローワークは相変わらずの大繁盛。窓口から失業者の怒号が飛んでくる。切羽つまっている雰囲気充満。そんな中、まったく空気の読めないゆるキャラを情報コーナーで発見。

damezettai

「健康に生きよう パート24」というシリーズの冊子の表紙を飾っていたのがこのダメ。ゼッタイ博士。地球づらの胡散臭さに嫌な予感がしたものの、健康には人一倍関心があるので手に取ってみたわけだが、やはり内容はひどかった。笑えるくらいに嘘だらけ。

damezettai2

こちらはダメ。ゼッタイちゃんとダメ。ゼッタイ君。柔軟にものを吸収する子供の自由な感受性に対する虐待とも思えるネーミングセンス。このキャラをデザインした御用デザイナーはいったいいくらの報酬を貰ったのか。報酬を3倍にするためにあえて3体も書いたのではないか、などと勘ぐってしまう。しかもダメ。ゼッタイちゃんとダメ。ゼッタイ君は最初の頁に姿を現すだけで、その後なんの活躍も見せない。やはり要らないのではないか。子供に嘘を教えたり、嘘をつかすようなことをさせてはいけない。

ダメ。ゼッタイ博士のレクチャーは終始こんな感じだ。

damezettai3

カーテンの匂いや手触りに陶酔感を持てるなんて、それはそれで幸せな人生ではないか。大麻精神病患者による善良な市民への暴力は確かに恐ろしいが、デモ警備中の警察の行動を見ていると、彼らこそこの病に冒されているのではないかと要らぬ心配をしてしまう。

damezettai4

ダメ。ゼッタイ博士は文学の素養がまったくない。根っからの理系なのだろう。博士のような頭の固い連中への反抗心が、彼にこんな前衛的な詩を書かせたのだ。

damezettai5

これにも驚いた。ダメ。ゼッタイ博士は人間と鼠の区別がついていない。しかも動物虐待を平然と行っている。地球づらのドヤ顔で。

5頁にも及ぶ長編漫画「覚せい剤の歴史に学ぼう」はシャブカルチャーを陰で推進してきた側がよく言うよ、というような内容で、皮肉好きには読み応えがある。この冊子のせいでハローワークも信じられなくなってきた。いったい何を信じればいいのか。

ボブの遺伝子なら信じられる。
ziggy

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=K0sT48JShiM&feature=player_embedded[/youtube]

そしてこの方も。アースデイのリクル・マイのステージにゲストで登場。
dame

この ダメ!絶対なら絶対的に信用できる。

ランキン&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=Z_Tg3sW9ElU&feature=player_embedded[/youtube]

▼明日のマリファナ・マーチIN東京 のタイムスケジュール▼

11:00 開場、ステージスタート
LIVE
Joker777、バリューバンド

11:45 スピーチ&トーク
鶴見済、長吉秀夫、赤星栄志、鈴木孝弥、神長恒一、ぺぺ長谷川、マル、さとる

12:55 LIVE&DANCE
のらりーず、バタフライズ

13:30 シンポジウム
司会:麻生
パネラー:鈴木孝弥、山本奈生、太田胤信、守り犬

14:30 LIVE
wassapi

14:45 スピーチ
山本奈生、麦谷、守り犬、麻生

15:15 LIVE
RANNKIN TAXI

16:00 サウンドデモスタート!!



なんとかバー「美食倶楽部」vol.2

今週19 日金曜日にペペ長谷川(だめ連/かくめい生活研究所 所長)と二人でまた『美食倶楽部』第二回やります!


素人の乱16号店「なんとかバー(仮)
杉並区高円寺北3-4-11(高円寺中通りキタコレビル 脇
営業時間は20時から0時まで。


前回は、握り寿司もピンチョスも好評だったもよう。
しかし定価なしボッタクリスタイルが仇となり、不定職者多数(失業者HarpoBucho!)に譲歩してしまったため逆に厳しい状態に。
今回は定価かも!?


とにかく食材買込んでまた作ります!
まだ料理は未定ですが、おおえまさのりさんの古代米で握りをして、コンセプトは縄文?!

ご期待ください。



http://shiranpuri.blog136.fc2.com/blog-entry-7.html
なんとかBAR11月スケジュール
素人の乱16号店なんとかBARがオープンしてにぎやかになっております。高円寺北中通り手前のキタコレビルを左に入ってすぐの
なんとかBAR11月の日替わり店長スケジュールです。※昼からと書いてない場合は基本的に19時オープンです!

★12日(金) 二木信

★13日(土) 昼のランチ 竹内さん(チゲ鍋&コーヒー)

夜 余さんのチャーハンBAR

★14日(日) ランフーBAR改ラン&ミナ日韓BAR

★15日(月) しゅうメタル重低音BAR焼肉

★16日(火)と17日(水)と18日(木)の3夜連続で余さんのチャーハンBAR

★19日(金) ペペ長谷川&インテリパンクの「美食倶楽部」

★20日(土)昼 マサエちゃんのうまうま定食
夜はなんと!帰ってきました山下陽光のハプニングBARチョロ間違いのチョロBAR

★21日(日) 昼マサエ定食
夜はなんとかフェスの大ボス長野のジローさん&じゃましマンによる本物のなんとかBAR

★22日(月) 昼から夜までオークラさんのベジBAR!

★23日(火) サクちゃんのお花畑カフェBAR!

★24日(水) 浦野商店の裏ボスのタカハシBARというか飯美味BAR

★25日(木) ホー娘。のカヤちゃんBAR!

★26日(金)昼から夜までRLL∞+∞=∞ のカレーBAR!

★27日(土)昼は竹内さんの韓国ランチ 夜は未定

★28日(日)昼竹内韓国ランチ
夜はハルタさんのハルタBAR

★29日(月)昼はオークライス!ひょっとしたら夜もオークラBARか

未定の日にちとランチタイムの日にちが決まったらまた追加します。



抜け殻におはよう

ボクのネーチャンライティング、もといネイチャーライティングの悲しい結末。

抜け殻2009.6.28.JPG

もう今は 彼女はどこにもいない

朝はやく 目覚ましがなっても

そういつも 彼女とくらしてきたよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




  • 未分類
  • Tag:
  • By intellipunk / Jun 29, 2009 2:23 am

今夜、アンチG8アクションを振り返る。あるいは、「7月の現状」ラジオ!!!

 いやあ、もう、ここ1週間とちょっとでいろんなことがめちゃくちゃ大量に様々な場所でガチで起こって絡まりあい、響き合い、ぶつかり合って、飛び散って、くっついたり離れたり、怒鳴りあったり、泣いたり、笑ったりをお祭りのようにやらかしてくれたので、渦中にいた僕らは全体を推し量ることも正確に組み立てなおすことも諦めて、とりあえず一番記憶に焼きついたシーンやら小噺は何よ?ってことを出し合って、そこから、ま、反省したり笑ったり、毒やら薬やらを見出して8年後!!!にもっとマジでヤバいアクションをぶちかましてやろうじゃん!!!ってガッツシ、キメたのさ。ってことで、怒涛の北海道札幌洞爺湖周辺のデモやらキャンプ、集会の話から、昨日の高円寺でのサウンドデモまでずんずん涙腺やら腹やら舌やらアソコやら足やら手やら脳みそのシワの奥底にこびりついた記憶の傷を包帯引きちぎって剥き出しにしてはドンドンバンバン大量出血しちゃいます!!まじでフレッシュ!!このラジオは聞くしかない!!逃しちゃいけねえ!!今夜10時からだあああああああ!!!!!!


ラジオは放送時間になったらこのページに行くだけで聞けます。
http://trio4.nobody.jp/keita/


  • 未分類
  • Tag:
  • By harpobucho / Jul 13, 2008 7:46 pm

アガることは重要だ!レバノンの報道されない惨状

2006年07月22日14:10 ボクのようなサヨク活動なんかしたこともないフツーの人間が「政治的」になる動機ってのは、自分が「人間として正しい」と信じる行為が国家によって暴力的に禁止されるとき、また逆に明らかに「人間として間違ってる」ことが国家によって暴力的に行われるとき、この二点だね。自分を取り巻く暴力を見過ごすのではなく、しっかり認識し、そこに自分なりに線を引くことが政治的なの。

何年も前にアムステルダムで肺に収めたレバノン産の煙はまだボクの体内に残っていて、今になってジワジワと効いてきた。アガる。「アガる」って言葉には、「緊張する」っていうバッド・トリップ的意味と「ハイになる」というグッド・トリップ的意味の両方があって、ボクの今の感情はまさにそれだ。

せっかくmixiというテレビとは違うメディアに接しているのだから、マスメディアが報じない情報に触れ、アガることをオススメする。ボクは不謹慎なことを言ってるつもりは一切ない。むしろ、この情報に触れ、全くアガらない奴が不謹慎だ。

アガることだけでは満足できない人は、なんらかの行動を起こそう。

以下引用
*********************************************************************
レバノンより

by ラニア・マスリ; 2006年7月17日
http://signs-of-the-times.org/signs/editorials/signs20060719_NotefromLebanon.php

皆さんが心配していただいているというお手紙に感謝します。

確かに私はレバノンにおります、そして、どこかしらの国が攻撃を受けているという状況のなかで生き延びているという意味では、安全にしております。

まず、皆さんに申し上げたいことは:私たちには世界からの怒りの声が必要だ、ということです。

水曜日(7/13)以来、私たちは悪意のある、不正な攻撃に曝されており、これはより激しくなってきています。

悪意のあるというのは、多分皆さんは西側のメディアが報道しないので知らないかもしれません。これらの写真も西側が印刷しないので見ていなかったかもしれません。
(メディアは写真があることは知っているのですが、これを印刷しようとはしないのです。)

写真はここでご覧ください。http://www.angryarab.blogspot.com/
攻撃ということでは、インフラの損害レベルは1982年のイスラエルによる侵攻によるものを超えています。

各空港は攻撃を受け、旅行には適さなくなりました。主要な空港は(唯一の商業空港ですが)数日に亘って何回も攻撃を受けました。より小規模な軍用空港は、これらのどれもここ何年も使用されていませんでしたが、これらも攻撃され使用不能になりました。

南部から北部に至るまでの各港はイスラエルによって攻撃を受けてきました。
まずはじめに、ジョウニエ港が爆撃されました。
(これについては少し突っ込んだ疑問が湧きますが:アメリカ、フランス、イギリスやイタリア、これらの政府は在レバノン市民に避難を呼びかけたわけですが、どうやって彼らを避難させたのでしょうか?)

数カ所の主要な石油集積所や発電所も破壊されました。
この国の全ての石油集積所は破壊されるおそれがあるという噂まであります。

国内の主要な橋も破壊されました。正確には64の橋です。
どこの橋を渡ろうかなどと言うことは、次のターゲットにされる怖れがあるために口に出すことも躊躇しなければなりません。

この国の主要な交通要所が南部から北部に至るまで破壊されてしまいました。
これは、何を意味すると思いますか?
これは、レバノン国内全てに亘って主要都市間を旅行することは物理的に不可能ということを意味します。

誰も国を出てシリアに行くことも出来ないのです。もっと重要なことは、誰も単に安全にある地域からある地域に移動することもできないのです。
街から街への移動も困難であり、特に南部では村の中でも、ある場所から別の場所への移動ですら危険になっています。
一つの主要道路がまだ使用されていますが(北ベイルートからトリポリに向かう高速道路です)、昨晩からイスラエルはシェッカにあるトンネルを爆撃すると脅しています。
これによって、この主要道路も使うことは、ジュベイル/ビブロスから北部へ、またはその逆という移動も不可能ということになってしまっています。
(基本的なレバノンの地理を言いますと、レバノン中央部から北部へと向かう場合の主要都市は:ベイルート、ジョウニエ、ジュベイル/ビブロス、バトロウン、シェッカ、トリポリということになります。)
この南部の村への攻撃は特に悪意のこもったものと言えます。
イスラエル軍は攻撃対象の村々に避難を呼びかけましたが、その一方で村民が避難する道路を破壊していたのです。
メッセージは明確と言えるでしょう。
『家を出ろ、我々はお前達を殺す。家に居ろ、我々はお前達を殺す。』
彼らはこの両方をやったのです。

これは全体で何を意味するのでしょうか?

イスラエルはレバノン国民を「逃亡」しないように国内に縛り付けて、恐怖によって服従するように仕向けています。
これはテロリズムであり、それも最も純粋な形のテロリズムです。

イスラエルは、この国の全ての主要なコミュニティを攻撃しようとしていますし、我々を孤立させて、食料や医薬品の欠乏や他の生活必需品不足に追い込むことによって序々に「降伏」させようとしているのです。
既に多くの村や主要都市であるソール/タイレでは生活必需品の不足を表明しています。

悪意があるのです。イスラエルの攻撃はインフラに限定されることも無く、「意図的」に市民も標的にしているのです。意図的にやっています。
南部の家々は意図的に標的にされ、攻撃を受けたのです。彼らの意図をどうやって証明しましょうか?
幾つかありますが、まずは平原において爆弾が野原に落ちずに家々に命中しています。我々は1996年のカーナ虐殺において、この種の高精度爆撃を見てきました。この時は、イスラエル攻撃軍は市民が隠れている国連の駐屯地帯を爆撃したのですが、軍は国連スタッフの居住地域の近くはおろか駐屯地を囲む樹木でさえ爆撃しませんでした。

南部では人々が家族ごと殺されました。個別の攻撃によって、4つの家族が、お父さんもお母さんも子供も、虐殺されました。
彼らの体は千切れ、顔は焼けただれていました。

これは、イギリスのインディペンデント紙による攻撃の第一報ですが:

『イスラエルの戦闘機が”まずレバノン南部の都市、ナバティア近郊の小村ドゥウェイルに飛来し、次に爆撃機がイスラム教シーア派の宗教指導者の家に一発の爆弾を落とし、この指導者は死亡した。彼の妻および8人の子供たちも同様に死亡した。
一人は首が落ちた。村人が発見できたのは、一人の赤ん坊の頭部と胴体だけであり、一人の若者がカメラの前でこれを示して怒りをあらわにしていた。
その後、爆撃機はドゥウェイルの別の家に行き、今度は7人家族を吹き飛ばした。”』

とあります。

第5波の攻撃において、イスラエルのテロリスト軍は4家族の住む建物を爆撃しました。生存者は誰もいませんでした。
別の攻撃では、ある家族がイスラエル戦闘機から撒かれた避難を呼びかけるビラを見て国連の建物に避難しようと向かいました。ところが、国連はこの家族を追い払いました。家族が国連の建物を去ろうとしたとき、彼らのバンは爆撃され、粉々になって飛び散ってしまいました。
www.angryarab.blogspot.comで写真を見てください。見てもらいたいのです。
このような虐殺は延々と続けられてきています。そして、このような虐殺の歴史は、覚えておいて欲しいのですが、イスラエルの侵攻の歴史においてはとくに珍しいものではないのです。

悪意に満ちた、野蛮で怖ろしく、不正なことです。正義ではないのです。

銘記しましょう:イスラエル軍によるレバノン国境への攻撃は、イスラエルの兵士の拘束に伴って水曜日から始まったわけではありません。ここ一ヶ月間以上に亘ってイスラエル軍は国境地帯で実弾演習を行ってきましたが、このときにレバノン人の羊飼いが殺されています。
これに対する「国際社会」の反応は?・・沈黙でした。

また銘記しましょう:イスラエルは自国の監獄にレバノン人を収監し続けています。そしてヒズボラからの要求はここ数年に亘って明確です。ヒズボラは囚人の解放のために活動するということです。レバノン人だけがイスラエルの監獄に入れられているわけではありません。ここには数千人のアラブ系の囚人がいるのです。
イギリスのガーディアン紙による不正確なレポートに対して、ヒズボラの総務長官であるハッサン・ナルサッラ氏は極めて明確に、ヒズボラはこの2人のイスラエル兵士を交渉の材料に使うと述べ、特定の条件は明らかにしていません。
彼は、イスラエル国内のアラブ系囚人の解放があるときにのみ2人の兵士を解放するとは言っていないのです。

もう一つ銘記します:イスラエルは意図的に放置したレバノン南部における40万発におよぶ地雷の配置図を引き渡すことを拒否しています。これらの地雷は継続的にレバノンの子供を殺しているのです。

ヒズボラの行動に賛成するか否かに関わらず、ヒズボラの行動をリアクションと見るか扇動と見るかに関わらず、イスラエルによる攻撃は(ヒズボラの行動に)釣り合ったものではありません。
具体的には、ヒズボラがイスラエル兵士を誘拐したとして、イスラエル軍は市民に対する意図的な攻撃を行ってきており、違法でテロリストじみた懲罰を国全体に対して行おうとしているのです。
『(イスラエルの)軍総督であるダン・ハルーツは”(レバノンにおいて)安全なところはどこにもない。、、それだけだ。”』と語った。(ガーディアン紙による)

もう一度申し上げましょう。我々は皆、レバノンにおける状況は悪くなると見ています。また、より多くの虐殺およびレバノンの基本インフラの破壊が行われると見ています。

** オーストラリアやドイツで人々が抗議の声を上げています。アメリカでも抗議しています!レバノンの人々に共感して抗議しています。—レバノンの人々は暴虐を前に団結して立ちふさがっているのです。分断は政治家から生まれるものであり、人々の間から生まれるものではありません。
パレスチナの人々に共感した抗議も行われています。—パレスチナの人々はイスラエルの暴虐を前にして強く耐えてきました。
アメリカ人としては、特に責任があるのです。なぜかというと、これらの虐殺と破壊に使われた武器は、アメリカ人の税金のドルで支払われており、ジョージ・ブッシュと言いなりの議会によってこれが支持されているからです。

** これらの写真をお住まいの地域の地方紙に提供してください。地方紙の記者に会って、レバノンで何か起こっているかを話してください。www.electroniclebanon.netの最新記事を見てください。公平な報道を要求しましょう。殺されているレバノンの人々は名前も顔もあるのです。
(集まった詳細な情報はお分けします。)

** 国会議員に電話して、即刻および無条件のイスラエルの暴虐の停止を要求しましょう。

最後にもう一つだけ皆さんに:南部にいる友人にはいつも電話をしていますが、全く同じコメントが返ってきます。それは、
『私たちは強いし、逆境に負けはしない。私たちは勝つ。魂の強さは抵抗のための最強の武器なのだ。』
というものです。

Rania Masri rania.masri@****

El Koura, Lebanon
*********************************************************************


  • 未分類
  • Tag:
  • By intellipunk / Jul 22, 2006 12:45 am

Search
Follow us
CJharpo Movie


  • 2010.2.27 反新宿署!高円寺路上大パーティざまあみろデモ 【予告編】


  • 覚せい剤撲滅プロパガンダ 東映編


  • 2006/9/16 家賃をタダにしろ!中野→高円寺一揆!予告編


  • 家賃廃止要求デモ!

Favorite
LOADING...